[#595]親父・陶芸・TATTOO

親父は10年以上も人工透析しながら癌やら何やらと戦っていた。
僕が陶芸を始めた時には既に闘病生活を送っていたので親父が陶芸をしている姿は見た事がないんです。
陶芸を始めて6年しか経っていないけど、実家から買っている粘土もあるので親父の様子を見がてら実家に帰る事は多くなった。
それまでは年に一回も帰らない事も多々ありましたが。
父子はお互い素直じゃないので、僕は僕で親父の様子を心配してるような事は言わないし。親父は僕の仕事の心配はしないふりでダメ出しや僕とは相反する持論をベットの上から言い放つ。こんな感じで上手くやっていたと思う。

子供の頃からいい大人になってまでも、ずっと親不孝な事ばかりしていたけど結婚して子供が出来た時に、親という役職から降ろしてあげたみたいで、なんか親孝行したかな?なんて思いました。
勝手な自己満足でしょうが^^
だけど、男としてはそれだけではすみません。同じ仕事をしていた親父に僕の仕事を少しは認められたいという思いがあるんですね。
陶芸を始めて1年、2年。当たり前ですが突っ込みどころは沢山あります。鼻で笑われている感じでしょうか。
一日中ベットの上にいる退屈なオヤヂはたまに帰ってくる息子へのダメ出しが楽しそうです。
3年、4年。いろいろと活動の幅が広がってきましたが、なかなか親父からお褒めの言葉は出てきません^^(そのために陶芸をやっているわけではありませんが)
ただ、いい仕事をしたのを知った時は文句は出なくなるようになりました。
でもなんやかんやと突っ込んできます。
僕の腕を見ては、
父:「おまえ、その入れ墨は仕事の邪魔にならないのか。」
僕:「大丈夫、大丈夫。(そういう時は)長袖着るから(笑」
と、こんなことまで突っ込んできます。ボケなのかなんなのか?数年の内に何回かこの会話は繰り返されています^^

5年、6年。いろいろとメディアなんかにも取り上げられる事も増え、僕の口からじゃない所からも僕の仕事ぶりを知るようになってきました。
昨年の年末にラジオ番組で20分もの長さで僕の人となりみたいな事を子供の頃から今までについてを、ある事ない事楽しく紹介してくれた事があったんです。
こういうのはわざわざ親や知人には知らせない方なんですが、以外と聞いている人が多い番組だったようで親の知り合いが「息子さん出てたよ、いい話っだったよ」みたいなことになり、母から僕に電話があり、聞きたいから録音したの正月来る時にでも持ってきてと。
ラジオ局に音源をお願いしたところ、なんと!(今時)カセットテープ!?が送られてきました。僕は聞く事が出来ませんがとりあえず実家に持ち帰りました。
相変わらず僕の前では気丈ではあるけど、ベットの上でずいぶん小さくなった親父が小さなテレコを抱えるように聞いてくれました。
ラジオの内容はある事ない事だけど最後は感動的にうまくまとめられた「残りの短い親に聞かせるにはいい話」でした。もちろん親父はこの話の感想なんかは口にしません。
このタイミングで取材してくれた事に感謝です。
その後また、親父と話していると親父の口から

父:「お前、その入れ墨を売りにしてけばいいじゃないか。」
僕:「べつにコレで売んなくてもいいしょ(笑」

なんだかスゴく嬉しかったです、もちろん顔には出しませんが。
ちょっとは認めてくれたかな?なんてね。
それから、ひと月ほどたった今年の2月に父は亡くなりました。
b0022655_20315579.jpg

もっともっと、力がついたら「売り」にしてみようかな^^


では今日もクリック!→…ranking
by tenstone | 2009-10-28 18:52 | 私事 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/12218467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ansyu at 2009-10-28 23:05 x
普段、言葉少なげな忍さんの珍しい長文、読ませていただきました。
本当に父子関係は不思議なものですね!
子供が物心付く頃から確執が始まり、最終的には父の最大の理解者へと変わって行くような気がします。
私は3歳で父を亡くしましたので、息子とどう接していいのかわかりませんでした。
そして確執の時期、体当たりでぶつかりあいました。
勉学のため2年前に息子が家を出て、
今や最大の理解者であるような気がします。
スミマセン!自分の事ばかりで・・・・
忍さんの想いを想像しながら読んでいたら、いつの間にか
自分と息子との会話に入れ替わっていました。
Commented by usupin at 2009-10-29 01:29
沁みるお話しです
TATTOO・・・大方、親ならなおさら良い印象は無いと思いますけど^^;
いまは橋本さんの目印ですよね~♪
もう、十分売ってるような感じがしますけど、もっとですか~(*^^*) 
Commented by tenstone at 2009-10-29 14:07
□ansyuさん
さもイイ話っぽくなっちゃいましたけど、誰にでもあるちょっとしたストーリーなんでしょうね。
息子さんとの関わりはこの先も楽しみですね。
息子さんの前ではいつまでも強い父でいて欲しいなぁなんて思ったりします。

□usupinさん
いえいえ、展示会などいつも長袖ですよ〜
まだまだTATOOを売りにするほどの自信ありません^^
Commented by amiko4200aa at 2009-10-29 22:18
橋本さんこんばんわっ!

ずるい!

泣けてしまいました。

って私がただ涙もろいだけですが。

今、親孝行してるじゃないですか〜。

TATOOを売りにするのもよし!

何より仕事している姿カッコいいですよ!


Commented by tenstone at 2009-10-30 10:02
□ amiko4200aaさん
あははは、ずるいですか(笑
まだ親孝行は出来てませんね、自分の家族すらままならない状態です。
一生懸命働きま〜す
Commented by do at 2009-10-30 20:52 x
こんばんは。先日は突然お邪魔し失礼しました。(^-^)

イロイロお話させていただきましたけど、そのときに
「やっぱり親父さんのところには出品しないとですか~? 笑」
という話も少ししたような気がします。
不用意な発言で申し訳ありませんでした。m(_ _)m

ところで先日一緒に行った友人と、帰りの車の中で
話しましたが、
友人「すげー欲しくてもうちょいで
    カフェオレボウル(カフェボウル?)買うトコだった 笑」
オレ「買えばよかったのに。今度行ってあるとは限らないよ」
友人「マジでー?」
とけしかけておきました。(笑)

来月後半にまた伺うかもしれません。
かくいうワタシも茶のフラットプレートにムラムラ
きています(^-^;

では~
Commented by かけだし at 2009-10-31 22:28 x
僕は今海外に住んでいます。tatoo 入れたいんですが温泉は入れなくなるでしょ。僕も北海道なんで温泉好きなんですわ。日本に帰って温泉は入れないのはさびしい。忍さんはどうしてますか????
Commented by tenstone at 2009-11-01 00:03
□doさん
先日はありがとうございました。
全然気にしないでください~
またお待ちしています。

□かけだしさん
温泉は?プールは?とよく聞かれます。
僕の答えはいつでもいっしょです。
「そんなこと気にするんだったら止めた方がいい」です。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23
>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26
横手の急須で検索したら‥..
by てると at 12:02
>michi_potte..
by tenstone at 00:54