[#771]電熱線の修理

さて、昨日エラーになっていた焼成ですが窯が冷めたので(といっても100℃以上)扉を開けると、、、やはり熱線が切れていました。
早速、半生アツアツの作品を取り出して修理に取りかかります。
熱線はパイロマックス。

線が切れてショートした為、炉壁まで解けています。
b0022655_21544477.jpg


線は固く、そのまま曲げると折れてしまうのでバーナーで炙り、柔らかくしながら結んでいきます。
b0022655_21545351.jpg
b0022655_21545781.jpg

b0022655_2155149.jpg

b0022655_2155539.jpg


こんな感じです。だめもとでやってみましょう♪

!→…ranking
by tenstone | 2010-07-10 22:09 | 技法・technique | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/13576500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Taller kuu at 2010-07-11 01:46 x
なるほど~。。バーナーで炙ってやればよいのですね!
写真で見ていると簡単そうに見えますが・・・
実際はどうなんでしょうね、、
でも・・私の熱線はクネクネしたバネみたいのですが、それも同じようにすれば良いのでしょうね。。
今度切れたら(切れないことを祈りますが・・・)挑戦してみますね!!
前回切れたのは温度センサーの所だったので、窯を移動させて、後ろの板を開けて・・と大事で涙しました。。
窯が言う事聞いてくれないと困るんですよね・・
タイトなスケジュールのようですが、がんばってください!!
Commented by soratobu-tori at 2010-07-11 14:34
こんにちは(*^_^*)

バーナーも手にしたことがないのである!これは困ったことだ~(>_<)。このようなことが起きた場合は・・・・・
勉強にはなりましたが、どう考えてもできないでしょうね。
『こんな感じです。だめもとでやってみましょう♪』素晴らしい。窯と一体になってやらなければ、本物とは言えませんね。趣味であっても、やるからには何が起きても動じないくらいの根性が座ってなければやっていけないなと実感しました。
窯の復活を祈っております。
ありがとうございます。
Commented by nageire-fushe at 2010-07-11 15:27
その後どうなりましたか?
うまくいきそうですか?
こんな風にして直すのですね。

小豆色のシリーズ楽しみです。
Commented by tenstone at 2010-07-12 10:18
□ Taller kuuさん
切れた場所によっては作業しづらく面倒な事もありますが、繋げる事自体はそんなに難しくないと思いますよ。

□ soratobu-torさん
慣れると断線自体には動じないのですが…スケジュールがずれ込むのでヒヤヒヤします(^^;

□nageire-fusheさん
写真の通り、繋いですぐに再焼成スタートしました。
焼成は無事終了。これから窯出します♪
Commented by kaztomkk at 2010-07-12 19:13
なるほどですね。
解説ありがとうございます。
うちのは線が倍くらいに太いので硬くてひねったりはできそうにないです。
いい方法があるといいのですが。。
でも、窯とは仲良くやって行きたいものです。
Commented by tenstone at 2010-07-13 10:11
□kaztomkkさん
これもパイロマックスで太いほうなんですが、もっと太いんですね。
それでも、しっかり炙るとやわらかくなります。
お役に立てずすいません。
今度窯の写真など見せてください!


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>てるとさん うわぁ、..
by tenstone at 21:37
冬道はアイスバーンならス..
by てると at 05:20
> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23
>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26