[#860]石膏板

前回作っていた石膏板
早速使ってみました。
b0022655_11294082.jpg

形状が同じなのでロクロの上で1個目の石膏板を固定した粘土にそのまま2個目、3個目と乗せていくことができ、そこでの時間ロスと作業の流れの分断が無くなりとてもスムーズに仕事ができます。
また、ちょっと時間はかかりますが底を切らなくても作品が乾いてくると石膏板から外れますので、通常切り離す時にでる1mmほどの無駄も無視して攻め込んだ底作りが出来ます。
※外れるまでの時間は石膏板がもっと乾いてくれば変わってくるかもしれません。
なにより、ロクロを挽き終わった状態から削りまでの間一切触らずにいられるので不本意な変形が無く、よりロクロによる手の表現を保持できるような気がします。

以前、愛知の金成じゅん子さん、鈴木史子さんに教えてもらいカタログやらサンプルまで送ってもらい買おうと思っていたんだけど、カタログを紛失してしまい結局作ってしまった。

北海道って陶芸ガラパゴス?こういう良い情報があまり入ってこないような…

!→…ranking

by tenstone | 2010-12-09 11:55 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/14553636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by atsumi_ceramicart at 2010-12-11 03:52
ほほぅ。底を切らなくて大丈夫なんですね。
特に私の場合、切らなくていいなんて、夢のような話です(笑)。

今年は数ヶ月間、ありがとうございました。
急須など、教えてもらいたいものもあったけれど、基本を学ぶのにいっぱいいっぱいでした。しかも、その基本も習得はまだ先ですかねぇ。
来年、釉薬をかけに伺うので、宜しくお願いいたします。
Commented at 2010-12-11 04:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tenstone at 2010-12-11 17:52
□あつみさん
スグレモのですよ!これ
あっという間の数ヶ月でしたね、年明けたらまたね^^
いってらっしゃ〜い
Commented by あめ at 2010-12-13 13:57 x
おらの行ってるスタジオでは、これをキャンバス地の中肉のものでやってます。

利点は、割れないとこ。
です。
そして軽い。
です。
まったく同様、底きり不要です。
乾いてきやしたら、ピールオフざます。
是非、お試し下さい。

特にポーセリンに重宝しちょります。ハイ。
Commented by tenstone at 2010-12-14 10:25
□あめさん
すいません。「キャンバス地の中肉」というのが分かりません。
教えてください、興味あります。
Commented by あめ at 2010-12-16 12:36 x

遅れましたが、説明です。

キャンバス地の中肉ってのは、中くらいの厚さの生地です。
トートバッグとかに使うような生成りの生地です。

色々な厚さがあります。
生地が厚くて重くなるほど(打ち込みが良い)値段が高くなります。

1、キャンバス地を挽きたい大きさの底の大きさに合わせて丸く切り抜きます。
このとき、1ケ所耳(リスの耳くらいの引っぱりやすい大きさ)をつけておきます。

2、ウィールの中心に薄くゆるめた粘土を均等に塗ります。

3、その中心にキャンバス地を貼付けます。

4、その上に粘土を置き、挽きます。(ウィール、キャンバス地、粘土の固まり、となります)

5、形成が終ったら、ウィールとキャンバス地の間にワイヤーを入れ、切ります。

6、リスの耳部分を引っ張りながら乾燥用の板に滑らせ設置します。

7、乾燥。

8、乾いたらキャンバス地は自然に剥がれ、底を削らなくても大丈夫。


うまく説明が伝わるか、心配ですが。
彼らはこれを結構使います。
あんまり高台削るの好きじゃない、てか、削らないで良いように最初から底の厚さを設定して、この技法でやるみたいですよ。

又疑問点ありましたら、どーぞ。



Commented by tenstone at 2010-12-17 10:30
□あめさん
丁寧にありがとうございます。
外国で作陶しているんでしょうか、おもしろいですね。
作品を切り離してから滑らせて移動とういうのは洋書で読んだ事がありますが大きなもの(壷のような)も同じ要領でするんでしょうか、こわいな〜
また、いろいろ教えてください。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26
横手の急須で検索したら‥..
by てると at 12:02
>michi_potte..
by tenstone at 00:54
アメリカで陶芸教室に通っ..
by michi_pottery at 13:46
ありがとうございます。
by toujinsha at 06:26