チャリティーマーケットを終えて

先週末のOneLOVEチャリティーマーケットの成り行きが面白いのでダラダラと。

まずはその「みんなの力」のスゴさですね。
今回、参加者を募る時になるべくお願いをしなかったんです。お願いしちゃうと断れないって人もいるかもしれないので。
僕のスタンスはやりたい人がやれる事だけやればいいという感じ。
ホームページを作って、ブログ、ツイッターで呼びかける。このスタンスにはちょうどいいツールです。
3月19日に入院中の病室でiPadに向かいホームページを作りました。
その時点で会場、日程など具体的に決まっている事は何も無し!
ただ全額寄付のチャリティーをするから1点でも作品を寄付してください!参加表明して!って内容です。笑っちゃいますよね^^
1番最初に参加表明してくれたのは大阪の二川さんです。昨年東京のグループ展で一緒しただけなのに何にも決まってないイベントに参加するって言ってもらったことにはスゴい勇気をもらいました。
それから3日後、退院してそのまま仕事場へ行き、ふと思い出し!以前展示をさせてもらった事のあるステーション999に電話すると会場提供を二つ返事で快諾してくれたんです。
その時点で参加表明が20人を超えてました。
その後ちょっと悩んで、開催日が決まったのは26日。
参加表明60人。
一人、また一人と参加表明してくれる事で何も決まっていないはずのイベントに信用がついてきたんだと思います。
だから、手を挙げてくれるって事が本当に嬉しい!
言わずともに手伝うよって言う日本人の美学みたいなのもいいのだけど、こういうときは是非手を挙げてほしいもんです、それで支えられる事っていっぱいあります。

日々進化?しつづける内容も僕一人の思いつきで進めているのでドンドン追加や変更がされていきます。一貫して作家さんには作品を寄付してもらうという事だけをお願いしていたので、そんなに更新による迷惑はかけていないと思いますが…(そう思いたい)

皆さんとメールでやり取りしていると「何もできなくて申し訳ない」という事もよく言われましたが、いえいえ!参加表明してくれた事がスペシャルサンクスなんです。
北海道においてこれだけの数の全国の作家作品を見れる事はまずありません。
実際、取材などのなかでも作家数、全額寄付というのはとても興味をひかれていました。
なので、参加してくれた事自体がイベントの強度を上げる最大の力になっているんです。

「それぞれのできる事で小さくても純粋な気持ちを集めたい」
こんな照れくさい事をいつも言っていました。
みんなが負担にならない範囲で作っていない人にも参加してほしい、いろんなかたちで。そう思っていました。
その甲斐あって梱包資材や会場、販売スタッフ、告知、などなどで沢山の方が関わってくれました。
参加表明をしていないで支援してくれていた人も沢山います。
ここでも「たいした事ができずに申し訳ない」と言われますが、一人でも多くの人がやるぞ!って気持ちを表しただけで強度が上がります。つられてやる気になる人も出てきます(笑)
正直、僕は言い出しっぺの責任でちょっとは負担を覚悟していましたが、ぜんぜんそんな事は無く楽しめましたし、こんなに純粋な気持ちの集まる真ん中に居れてラッキー♪でした。
「世の中すてたもんじゃないな」と(笑)
とにかく、すべてが良いスパイラルで進んでいきました。


しかし、完売を目標にしていた僕は会期の数日前になっても「たくさんのお客さんが来る」ということを全く予想出来ないというか自信がありませんでした。
北海道で陶器の展覧会が大盛況という話は滅多に聞きません。
それなのに本州の作家さんとか集まっちゃって大丈夫?だめだったら顔向け出来ない〜。。。
みさなんがいっぱい告知してくれてるのは知ってましたが、それでも不安がとれませんでした。
もちろん、精一杯やれる事はやっているという自信はあるんですけどね。
その週の月曜に北海道新聞(地元最有力)に載り、火曜日にラジオに出て、テレビ取材の申し込みがあった時にやっと「一般の人にも興味もたれるんだ」と思え、水曜日には自分のなかで不安が確信に変わっていったのを覚えています。
b0022655_21393236.jpg

前夜、会場設営です。
会場のバックヤードには全国から集まったまさに「LOVE」が積み上げられていて、これを見た時みんなでジーンとしちゃいました。
ますます頑張らねばと思いました。
しかし、、、
設営開始すると多い、多い。作品多すぎ!
会場は何も無いギャラリーではなくショップなので通常の商品をすべて撤去するわけにはいかず、OneLOVEで使えるスペースを作ってもらっています。
到底そこに収まる感じではなく、ずいぶん(会場に)無理をしてもらいました。ホント感謝です。
設営には10人以上が集まってやったので、手早く黙々と2時間ほどで完了。
というかギュウギュウになんとか置いただけ。
自分が並べた作品以外、ゆっくり全部の作品を見る事もできずでしたが「明日始まってからゆっくり見よう」とみんなが思っていたはずです。

しかし!
ここからは関係者のブログなどでも書かれているとおりの嬉しい大誤算です^^
僕らは9:45分から会場に入れます。15分で用意しないとと思い動いていると、開店前からガラスドアの外に人がいるのはわかっていましたが働いていたためチョットしか目につきませんでした。
「やった!開店前から並んでいるよ!」と軽く考えていましたが、、、
開店と同時に入ってくる行列が切れません!こんなに並んでいたの?というくらい。
両手にうつわを抱えたお客さんが会場を埋め尽くしていました。

軽くググったら様子を書いてくれているブログをいくつか見つけました。
  
  

ちょっとダラダラと書いていたら面倒になってきたので後一つ。
チャリティーとか関係なく、こうやって全国の作品を見る機会が必要。
北海道はどうしても道内で消化しちゃっている部分が多いように思えるんです。
それは、作り手もそうだし使い手もそう。
道内作家はなかなか外(本州)に出ないし本州からの作家もあまりこないので
独創性、クオリティ、価格などの感覚が固定しちゃってる。
今回、全部は見切れていないけど、、、それでもスゴい刺激的だった。お客さんもそうだったと思う。
僕がやるべき事ではないけど、こんな企画がもっと増えれば作り手も使い手も、もっともっと育っていくんではないかと思いました。


またまた見つけたお客さんのブログ記事
       
いっぱいあってごめんなさい。


みんなありがとう、楽しかったね、いい経験で来ました。


!→…ranking
by tenstone | 2011-04-26 23:11 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/15369259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by do at 2011-04-29 01:45 x
こんばんは。

ワタシは作家ではありませんし素人ですから、
ホントは何かお手伝いでもできればなぁとも思っていましたが
かえってご迷惑をおかけしてはアレかと思い控えました。。。

あ!でもでも!当日募金だけはしましたよ!(^-^;
完全に出遅れたので品物を見れなかった&買えなかったのは
ザンネンでしたけど(笑)
Commented by tenstone at 2011-04-29 23:20
□doさん
わざわざ遠い所来ていただいただけで充分すぎます。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by あまぐり at 2011-04-30 16:45 x
はじめまして。
マイナーなうちのブログですが、ある日びっくりするくらいのアクセスがあったので、何事? と思ったら、こちらでリンク貼ってくださっていたのですね。ありがとうございます。

チャリティマーケット、ほんの少しだけ協力させていただきました。すっかり出遅れて3日目に行ったので、いろいろな作家の方の作品を見ることはかないませんでしたが、自分も素敵なものを手に入れて、どなたかのために少しだけお役に立てるなんて、負担に思わずに支援ができるすてきなプロジェクトをありがとうございました。残り少なくても、ほしいなあと思う作品がもっとあったのですが、お財布と相談すると、ほしいものすべてを買うのは無理でした。^^; ほんのわずかになってしまいました。
それにしても、こんな短期間に、このような支援プロジェクトができてしまうなんて、すごいことですね。

1日目の写真などを拝見するととってもたくさんの作品があって、チャリティとは別に、作品展としてもいろんな作品観る機会だったのに、と思うと出遅れたのがちょっと残念です。



 
Commented by tenstone at 2011-04-30 22:47
□あまぐりさん
こんにちは
OneLOVEの記事ありがとうございます。
みんなの気持ちがぴったりとはまった良い企画でした。
これからも「うつわ」に心を寄せていただければと思います。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层




Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

タグ

最新のコメント

了解です! 伺う時は工..
by さくさく at 23:10
□さくさく さん 工房..
by tenstone at 00:18
今は横浜在住ですが、夏に..
by さくさく at 17:13
□さくさく さん そう..
by tenstone at 02:00
□ 純一窯さん お役に..
by tenstone at 11:34