石膏板の使い方

ロクロで一個びきする時に使っている石膏板。
亀板より使い勝手よく、手放せない道具の一つです。

ロクロに粘土で固定して使います
b0022655_22351865.jpg



石膏板を外すとこんな感じで粘土が残ってますが、そのまま次の石膏板を据えて作り続けます
b0022655_22351573.jpg



作った作品は石膏板ごと積み重ねます。
この時、木の亀板だと作品と板を切り離さなければならないのですが石膏板はその必要がありません
b0022655_22352189.jpg



ある程度積み上げたら全体をビニールで囲い作品が乾かないようにします。
b0022655_22352450.jpg


石膏板が底の水分を吸水してくれているので次の日には作品がカポッと外れます。
ワイヤーで切り離す作業が無いと、変形させてしまうという事もありませんし、底を余計に厚く作る必要も無く無駄の無い作りに出来ます。
上手く伝えられないのですが、一度使ってみるとやめられなくなる道具です。

<関連記事>
石膏板の作り方
石膏板


!→…ranking
by tenstone | 2012-07-09 22:50 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/18574815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください








2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)







2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動








作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层








Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

最新のコメント

□ 純一窯さん お役に..
by tenstone at 11:34
過去記事にコメ失礼します..
by 純一窯 at 00:01
お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59