陽平のそば猪口

b0022655_21141944.jpg

アシスタントの陽平にそば屋を始めるという知人の方より、そば猪口制作の依頼がされた。
修行中の彼に制作依頼をするという事は単純に応援の気持ち以外何も無いはず。
僕は是非作らせてもらえと言った。
そしてお金を貰いなさいと。

ただ練習するのと誰かのために、しかもお金を頂いて作るのとでは心持ちは全然違う。
受け渡しまでの不安、喜んでくれたときの安堵感。
クオリティーについては当然ながら完璧な出来など有り得ないので恥かしい思いもするがこれも結構大事な事だと思う。

もし、お金を貰わないで制作するとどういう事になるだろうか。
上手くいかなかった事に対して、「タダで作っているんだからまぁいっか」という気持ちがでてくる可能性、「タダで作るんだからこのくらいでいいんじゃない」と手を尽くさない可能性。
精一杯やっても出来ない事はあるけど精一杯やった事なら言い訳は無くきちんと事実に向き合えるが、(自分の中で)言い訳をしてしまうともうそこで伸びしろは無くなってしまう。

こういった気持ちは独立したあとでも自分の中で闘わなければいけない事の一つかもしれない。
もちろんプロとなればお金を頂くのはあたりまえだけど今度は価格によってこういった気持ちが出てきてしまう事がある。
「どうせ安いんだからこんなもんだろ」と。
実際、僕もこういった闘いは常にあります。
そんな時は自分で突っ込むんです「じゃあ、高くすれよっ!」ってね。
安いと言って手を抜くくらいなら高くすれ。ということです。

制作にはずいぶん苦労していましたが、無事そば猪口を納めた陽平にはいろいろと身になる事が多かったと思います。
応援してくれる人がいるといるというのは本当にありがたい事です。


!→…ranking
by tenstone | 2012-08-01 21:35 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/18762253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 陽平 at 2012-08-01 22:07 x
本当にいつも、ありがとうございます!
まずは体を治して、退院したらまた、よろしくお願いします!
Commented by tenstone at 2012-08-01 23:25
□陽平
気合いで退院を早くするように。
Commented by nt-3903 at 2012-08-02 00:03
初めてコメントを書かせていただきます。
6月に「うつわ謙心」さんで釉薬のレシピを教えていただいた者です。
時間がかかってしまいましたが、二酸化マンガンと黄土1:1の黒マット釉とブログの「マット釉の調合テスト」の基礎釉に二酸化マンガンを1,2,3%添加で作らせていただきました。
黒マットも好みの風合いになりましたし、基礎釉はの白の雰囲気が望んでいたものにぴったりでした。

初対面にもかかわらずご親切にお教えいただきありがとうございました。
これからもブログを拝見しながら、色々ヒントをいただき作陶に励みたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
Commented at 2012-08-02 08:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tenstone at 2012-08-02 10:47
□nt-3903さん
おぼえています、こんにちは。
ブログも拝見しました。
気に入ったものが出来ていくと良いですね、楽しんでください!

□鍵コメさん
遠い所お越しいただいてありがとうございました。
今度は僕がそちらへ行けること目指して頑張ります♪
Commented by kuma_ojichan at 2012-08-04 11:20 x
お金をいただいてモノを作ると言う事、大変なことです。
私の場合は初めてお会いする方でも、1~2時間で仕上げないといけない仕事をしています。何年やっても緊張します。
経営者としては価格を下げればお客さんは増えるのだろうけど…
それでは自分の値打ちを下げるような気がして…
Commented by tenstone at 2012-08-04 23:57
□kuma_ojichanさん
なんか、大変な仕事なんでしょうか。
それでも何年もやってきているという事は、ちゃんとやっていらっしゃるんですね。
一般的な経営論から考えても価格を下げる事が出来るのは、コスト削減や大量仕入れによる原価率の下げという努力の上に成り立つものだと思います。
ただ単に売れないという事の解決策に値下げをするというのは怠慢としか思えません。
kuma_ojichanさんは感覚的にそういう事が分ってらっしゃるんだと思います。
Commented by kuma_ojichan at 2012-08-05 20:00 x
スミマセン、職業言って無かったです。
私は大阪で美容室をやっております。
開店して今年で27年目になります。
Commented by tenstone at 2012-08-06 16:50
□kuma_ojichanさん
27年!すごいです。
僕もそこまでいけるよう頑張ります


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください




2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)




2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動





作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层






Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>michi_potte..
by tenstone at 00:54
アメリカで陶芸教室に通っ..
by michi_pottery at 13:46
ありがとうございます。
by toujinsha at 06:26
了解です! 伺う時は工..
by さくさく at 23:10
□さくさく さん 工房..
by tenstone at 00:18