プロとして、職業として

今週末に札幌の隣町、江別市で開かれる「えべつ焼きもの市」の出店準備のため借りたい物があると陽平が来ました。
陽平は昨年秋にここから独立したばかりの迷える新人です(笑)

いっぱいダメ出しをしました。今までも言ってきた事、なかなか伝わっていません。
でも、それは当然だとも思っています。いくら話を聞いても体験して実感しなければ身にはならないもの。
挑む、失敗する、成功する、といった行動を繰り返すしか無いと思っています。


価格について、「高い」と同業者やお客さんから言われることがあるそうです。
そのため焼きもの市では少し安めに設定した方が良いのかと。
こういった話は陽平に限ったことではなくよく耳にする話です。

僕の答えは
「絶対に安くしてはいけない」です。

では「高い」という事はどういうことでしょう。
2000円のカップが高いと言われたのなら、それは「そのカップは2000円の価値が無い」または「貧乏だから2000円は高いよ」ということだと思います。
後者であれば、そもそもアプローチする客層や活動するステージが間違っています。
お金を持っていない小学生相手に2000円のカップを売ろうとしても確率悪いです。
現実的なことを言うと安い掘り出し物を探している客層が多い焼きもの市で10万円の茶碗を売るのも確率悪いです。

実績の無い新人作家としては前者の「価値が無い」と考えるべきでしょう。
ではこの「高い」に対する対処は2通りです。
価格を安くするか価値を上げるか、そのどちらかで価格≦価値とするしかありません。

僕は絶対に安くしてはいけないと言いました。
安くするということは価値を上げなくていいという事です。そこで作品に対する努力はストップします。
それどころか、安くするために何をするでしょうか?
そもそも材料コストの低い業種ですからカットできるところは手間です。
手間のかからないもの、簡単にできるものを作ることになるのです。
ここに足を踏み入れた時点で作家としての将来は見えなくなってしまいます。

高いと言われることがあったとしても価格を下げるのではなく価値を上げる努力をしなくてはいけません、それで売れないのであれば潔く負けを認めさらに努力するしかありません。
それが日々戦うということです。

これから先、ステージが上がるにつれ「価値」というものの複雑さに直面しいくでしょう。
技術だけでは無い部分が多くなってくるかもしれません、しかし今確実にできることは技術面を上げること。
ようするに誇りを持って作りまくれ! です。
僕も戦う!
b0022655_055396.jpg

僕の使わない不要な粘土、持って行ってもらいました。 スッキリした〜♫ありがとう

ブログ→岩山陽平


!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2014-07-11 00:57 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/22930356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください







2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月28日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)






2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動







作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层







Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

最新のコメント

お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59
□ sakuramoon..
by tenstone at 22:19
スッキリした展示でお洒落..
by sakuramoon7767ryo at 17:27