[♯65] 二酸化マンガン

[♯62] 鉄黒のコメントの中で出て来たマンガンについて

水で溶いた単味のマンガンを筆塗り、酸化焼成
マンガンの濃さによって茶〜金属的な黒までいろいろな表情が見えます
下の写真は青っぽいところも出てきてます。
b0022655_14335571.jpg


花瓶にかけたところ。
ちょっと濃すぎたような…
b0022655_14341096.jpg


だらだら流れています
b0022655_14342272.jpg


マンガンと赤土、半々で。
流れる事も無く安定しています。面白みにはかけるかな?
表面はガラス質を形成、つるっとしているので食器なんかにも使いやすいかも。
これは生掛けも出来ます。
b0022655_14343537.jpg


あと装飾的に使う時はこんな感じ
以前、ぐいのみをフルマンガンで焼いたのはとてもかっこ良かったなぁ(^^)

ちなみにマンガン、還元はかけた事無いです
なにせ酸化ばっかりなもので…(還元は年に数回)



ランキング参加中
よかったらクリックおねがいします
人気blogランキング5位
by tenstone | 2005-09-08 14:43 | 技法・technique | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/3435682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 陶芸の技法とレシピ 第2章 at 2005-09-08 20:01
タイトル : 満貫釉
以前作った花器ですが、 tenstoneさんの[♯65] 二酸化マンガンにトラックバック。 まず全体像。 上から見たら ろくろで挽いたのち、押し込んだり引っ張り出したり、叩いたりして変形。 シャープな感じを出したかったので、釉薬も金属っぽく二酸化満貫単身を コンプレッサーで吹きつけ。 濃く掛かったところはマンガンの結晶が出て ちょっと濃いとすぐ流れて条痕に。 素地は信楽土主体の再生土なので、薄くなると 細かい赤土で作るとまた違ってくるので...... more
Commented by yaduki-sion at 2005-09-08 19:30
釉薬はまると抜けられなさそうですねえ。
私は今のところ、色化粧と加飾にはまってます^^;
マンガン使うのは難しそう・・・。
使うのはガマンガ(ン)マン(寒い・・・)
Commented by yomotukurobe at 2005-09-09 00:01
コメントありがとうございました。
白い土にマンガンで絵付けして、透明釉で冷却還元すると、濃い部分は焦げますが、薄い部分は金色になりますよー。
忘れなかったら、明日のブログネタにしま~す。
Commented by tenstone at 2005-09-09 00:39
>yaduki-sionさん
はい、危なさそうなのであまりやってません。
(本当は面倒なだけ…)

>yomotukurobeさん
冷却還元の説明ありがとうございました!
自然冷却でもいい!アリガタイです。
やってみまーす。
Commented by mmamiki at 2005-09-09 09:16
ブログ訪問&コメントありがとうございます!
tenstoneさんは陶芸をされてる方なのですね!
私も遊びで一度やりましたが、自分が作った作品にはとても愛着を持って使っています。温かさをかんじていいですよね。
また遊びにきまーす!
Commented by tenstone at 2005-09-10 12:06
>mmamikiさん
いらっしゃいませ、ruyruyさんのとこからそちらへ辿り着きました
仕事上、最近は写真の重要性を感じphoto系のblogも見て回っているんですよ。
たまに寄って下さい。
Commented by yomotukurobe at 2005-09-10 22:04
冷却還元の件でちょっと追加。
窯の端にでも、赤土をひとつまみ入れておくといいですよ。
赤土が黒くなれば炭化になってる証拠になりますので。
Commented by tenstone at 2005-09-11 11:05
>yomotukurobeさん
僕のは電気窯ですが、やっぱり還元(炭化)の"ムラ"でるのかな〜?
イロイロ試して見ます。

Commented by HyperDog at 2005-09-11 22:11 x
満貫釉とは、ナイスネーミング(アレッ)。
私も、楽焼きの透明釉に二酸化マンガンを混ぜて焼いて引き出したら、発泡して凄いことになりました。
Commented by tenstone at 2005-09-12 11:51
>HyperDogさん
こんにちは、満貫釉はTyawanya-Kobeさんのネーミングなんですよ^^
また寄って下さいね!


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください




2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)




2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動





作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层






Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

最新のコメント

ありがとうございます。
by toujinsha at 06:26
了解です! 伺う時は工..
by さくさく at 23:10
□さくさく さん 工房..
by tenstone at 00:18
今は横浜在住ですが、夏に..
by さくさく at 17:13
□さくさく さん そう..
by tenstone at 02:00