[♯89]器のお直し

b0022655_1665583.jpg僕の作品を買って頂いたお客さまには、
「もし欠けたり、粉引きの匂い・染みが気になるようになりましたら焼き直しますのでお持ち下さい」 と伝えています。(口頭ですので全てのお客さまには行き届いていないかもしれませんが…)

お手間を取らせ申し訳ないのですが無料です。何回でも…

このお皿もちょっとぶつけてしまったようで欠けたのを持って来て頂きました。
欠けたところに同じ薬を塗って焼き直します。場合によって可能であれば土を盛り足すこともあります。

作者として簡単に壊れるものを作り大変申し訳ないと思うとともに、
不謹慎ではあるかもしれませんが器が帰って来ると嬉しいのです。
それは自分の作品を使ってもらっている、確かな実感です。
使われた器はお店にある時とは違う風合いを出し、傷がついて…
それは、逞しくなった子供を見るようです。

また、今のような使い捨ての時代に何万円もするわけでない器を
直してでも使って頂けるというのは本当に嬉しい事です。
こんな関係を作り手と使い手で作っていければいいなぁと思います。


人気blogランキング
by tenstone | 2005-10-24 16:31 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/3670474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nonacafe at 2005-10-24 18:34
ああ、素晴らしい心がけとその実践力。尊敬してしまいそう。
さすが小生が蚊遣陶芸展で見込んだ陶芸家です。(笑)
その際をきっかけにこちらへは定期的に伺っておりました。
ええっと、紹介が遅れました。nonacafe庵々主です。
陶芸教室に学ぶ、若き(昔はね!)生徒です。
リンクさせていただきましたので今後とも訪問させていただきます。
Commented by tenstone at 2005-10-24 19:56
> nonacafeさん
ほんとうは壊れにくい器を作れば良いのでしょうが…
デザイン、質感、使い易さ、と折り合いを付けるのは断腸の思いです。
まだ納得はしていないので少しずつ進化していくと思います
駆け出し陶芸家を見守ってやって下さい。m(__)m
Commented by Potter-Y at 2005-10-24 21:48
こういう心配りがあると皆さん安心して器を使えるんじゃないでしょうか。
tenstoneさんの器はシャープでクールなイメージなので、
使いやすさとの折り合いはとくに難しそうですね。

土を盛り足して欠けた所を焼くのはやったことないのですが、
そのまま土で補って乾燥・釉がけして焼くだけですか?
Commented by Tyawanya-Kobe at 2005-10-25 01:41
すごい、tenちゃん。
感心しました。
僕も心掛けよう、・・・・・・・・かな?
Commented by モコ at 2005-10-25 08:37 x
素晴らしい心がけですよね、本当に。私も結構、器好きですが、
tenstoneさんの器は安心して使えますね!
なかなかそーゆー作家さんはいらっしゃらないのでは・・・?と思います。
ところで以前サインの話がありましたが、tenstoneさんが製作されたすべてにサインが入ってます?
あの器、入ってなかったような気が・・・忘れられたのか・・・な?

Commented by tenstone at 2005-10-25 11:26
>Potter-Yさん
折り合いつけにくいのでこういうサービス?をしているんでしょうね
土を盛り足す時は間に釉薬を挟んだり、表面にたっぷりつけたり。
濃いめの薬に糊などをまぜて粘度を上げて使います
あとは本焼き。

>Tyawanya-Kobeさん
これは自信の無さの現れだと思います…
あと、
自分の店があるので、そこで対面販売しているから出来るんですよね。

>モコさん
サインは極稀に入ってない物もあるかもしれません。
釉薬で隠れてしまっている事もあります。
それか、僕の作品ではないのかも?
お店では他の作家さんの物も扱っていますので。
また是非、よってくださいね(^^)
Commented by yaduki-sion at 2005-10-25 14:26
心遣いって大事ですね・・・。
これからの私の陶芸人生で、こういう心遣い大事にしたいと思います。
器は使ってもらってなんぼですもんね。
大事に棚に飾ってもらうより、使ってもらって傷ついて帰ってくる器を作りたいと思います。
Commented by ehoma at 2005-10-25 15:13
うぅ~、すごく心温まるお話を聞いたって感じだわぁ~。
お客さんが持ってきたお皿を新しい物に交換するのではなく、修復して返してあげる・・・・。
割ってしまった時の思い出などが、一枚の皿に刻み込まれTenstoneさんとお客さんの合作の作品が出来上がるみたい。
ホントに素敵だわぁ~。
Commented by tenstone at 2005-10-25 22:20
> yaduki-sionさん
そんな大袈裟に言わないで下さいな!(恥
しかもまじめなコメント、調子が狂ってしまいます…
が、
仰る通りです。

>ehomaさん
なんだか、ドンドン良い話になっていってません?
僕もその気になってきました(どの気?)
Commented by coeurdefleur at 2005-10-26 06:57
初めてお店のサイトを覗いた時に
その旨書いてありました。
だからよく知らない方にも関わらず お作を購入したのです。

あのことだけで信用に値する。
Commented by tenstone at 2005-10-26 12:03
> coeurdefleurさん
何かあったらいつでも送ってきて下さいね(^^)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23
>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26
横手の急須で検索したら‥..
by てると at 12:02
>michi_potte..
by tenstone at 00:54