[♯100]ナチュラルメイク

「陶芸は女の人のナチュラルメイク」のようなもの

自然に見えるが、そこには作為が満ちあふれているのです。
土と炎が作り出す芸術…などと言われたりしますが
そんな事は無いと思っています。
99%の必然、運が良ければ1%の偶然が作品の善し悪しを200%に…
なんて思っているのですがどうでしょう?



b0022655_194017100.jpg今日はこんなことやっていました。
二重挽き(って言うのかな?)



クリックしていただけるとランキング上がりますm(__)m
↓↓↓↓
人気blogランキング ?位
by tenstone | 2005-11-14 19:43 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/3771945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coeurdefleur at 2005-11-14 20:18
これ、この後どうなるのですか???
いろんなことできるのですね~面白いなぁ~^^

一説には、この世に偶然というものは無いそうなので
窯の中での出来事も全ては必然なのかもしれません。

積み重ねられた努力と夢が必然という形になるのかな~・・・
Commented at 2005-11-14 20:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Potter-Y at 2005-11-14 23:51
この後で口を接合して、
外側だけ文様を彫っても面白そうですね~。
これってWEB陶芸展に出すやつ、じゃないですよね!?
Commented by ukky_tg at 2005-11-15 00:09
空気の壁で持っても熱くならず、しかも保温抜群の茶碗とか?
Commented by yaduki-sion at 2005-11-15 00:51
これって、技術がないとできないですよねえ・・・。
これができたらもっと面白いことできそうなのに;;
・・・ってワタシはこれ以上面白くしないほうがいいんですかね^^;
Commented by とー at 2005-11-15 08:05 x
お久しぶりです。
陶芸って結構いろんなことが出来るのですね。 これみて自分のやってみたくなりました。 でも柔らかい素材は難しいんだよなぁ・・・。
Commented by tenstone at 2005-11-15 11:55
>柊さん
まぁ、その…ちょこっと新しい挑戦を…

偶然待ちでは食っていけません

>Potter-Yさん
ドキッ。

>ukky_tgさん
ドキドキッ。

>yaduki-sionさん
太めに挽いて、真ん中から分ければOK!ですよ。

>とーどーさん
久しぶりです!
何かひらめいたのでしょうか?
異素材接合は先送りしています、
いづれ是非コラボ作品作りましょうね!
Commented by ハプー at 2005-11-15 21:11 x
うん ナチュラルメイク なっとく・・・
陶芸って進化してないなぁ・・・
電気/ガス/灯油の窯が普及して
パーソナルにやきもの焼くようになってたかだか40年・・・
その近代的な窯で40年前の薪で焼いてた時代の
「技術」と「美」を いまだになぞってる・・・

実用の工芸なら先人の仕事のアレンジと翻案と引用しかしてないのに 世間一般大衆からは 陶芸作家さん と思ってもらえる・・・
また作り手も それに安住してる
陶芸って工芸の中で 不当に めぐまれてる そんな気がします

橋本さんトコは窯は電気ですか?
焼成温度は何度くらいでやったはりますか?
よろしければお教えねがえませんでしょうか?


Commented by tenstone at 2005-11-15 22:06
>ハプーさん
僕は最近陶芸を始めたもんで、陶芸の歴史とか伝統とか…よく判っていませんが
進化していないの?ですかー。
車がいつまでたっても4つのタイヤを回して走っているようなことかな?(訳判らん)
プラスチックや合金、化学繊維に溢れている21世紀ですが、食卓の上っていまだに土や木の物がメインで、、、
そこに、人は進化を求めていないのかな?って思ったり…
そこに留まっている事に「世間一般大衆」は敬意をもってくれるのでしょうか?
全く判りません!(笑)
僕の窯は13kwで1250℃、ほとんど酸化です。
Commented by tenstone at 2005-11-15 22:10
追加
ブログランキング、さすがハプーさん 力あります。
軽く戻されました(^^;)
また挑戦させてもらいます
Commented by ハプー at 2005-11-16 07:43 x
橋本さん 誠実なご返信をいただき感激です。
短く書くのがムズカシーのですが・・・
こーゆうブログやネットでのそれぞれの発信がもっとリンクして
作り手/売り手/使い手のそれぞれがすこしづつ理解を深めあい
もう1歩づつ踏み込み変わっていけたらいいのになぁ・・・
手作りの工芸(陶芸をふくむ)を愛する文化を次につなぐために・・・とか思ってしまうんですよ・・・

いずれ『進化させなきゃ陶芸』を書いて『生き延びるための陶芸』の13以降につなぎますんで ガンガンつっこんでくださいませ

ありがとうございました
(このレスには返信ご不要になさってくださいませ) 


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store8/12up
陶芸用エプロン8/4up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報頂ければ確実です



2017年スケジュール
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳

企画展
3月22日〜28日
銀座三越

ワークショップ&個展
7月28日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼

一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)



2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■Oh!happy day(名古屋)
■楚々(静岡)
■物.品 Wu-pin(中国) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

最新のコメント

お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59
□ sakuramoon..
by tenstone at 22:19
スッキリした展示でお洒落..
by sakuramoon7767ryo at 17:27