[♯226]透明シッタ

とっくりを削っていると入社4ヵ月のスタッフが「何ですかそれ?」と言うので
あ、珍しいのかな?と思い紹介します。
『透明シッタ』!
ただのアクリルパイプですが…
メリット→頭まで見えるので中心をしっかりとれる。
デメリット→頭まで見えるのでごまかせない。シビア。
どうでしょう試してみたいですか?
b0022655_21423457.jpg



今日もポチッとお願いしま〜す
Go blog ranking
by tenstone | 2006-09-01 21:43 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/5601284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ansyu at 2006-09-01 22:27 x
一日に2コメント初めてです。
というのも、今まで苦手で屁理屈つけて敬遠していた「電動ロクロ」(写真のものと似ています)を今日発注しました。そこでシッタを一個も持たないので削りをどうしようかと考えていたところにこの記事です。
さっそく頂きます。
作品に直接粘土を貼り付けると、力を抜くと外れるし、力を入れすぎると作品にゆがみ、ヒビが入っていました。

ところで前回の黒皿、私も厚さ14mmの黒土の焼締め皿をプレゼントしたのですが、多分今頃、食器棚の隅に追いやられていると思います。素人の私が大衆車を求める相手に敢えてF1で挑戦した瞬間でした。我が嫁さんでさえ14mm横目に軽い強化磁器使ってんですから、仕方無いですけどね。
20mmとはすごいですね。「美」の究極を追求しながら、「用」にも心を置くといった感じでしょうか。
こんなの作れたら、隅に追いやられることないんだなー!!

分かる事は教えていただけるとの事、心が北海道のようにデッカイドーの忍さんに感謝です!!
Commented by Potter-Y at 2006-09-01 23:51
はい、試してみたいです!
上下面にうまいことゴム輪みたいなのをくっつけられたら固定しやすそうですね。
Commented by hashibamig at 2006-09-02 00:52
以前ehomaさんのところで、アメリカにはプラ製のシッタがあるのを知っておどろいたのですが、札幌もさすがです!
Commented by kanmyougama at 2006-09-02 06:37
グッドアイデイア出会うね。
削りながら全体のバランスが気になりますね。
手製ですか・。
大小そろえてもよさそう。
Commented by Hannaママ at 2006-09-02 16:45 x
試してみたいです〜!中心をとるのに30分もかけられる私ですので(^_^;)
こちらでは、お皿やお椀型のものはシッタを使わず直接ロクロに乗せて削る人が多いです。壷などになるとやっとシッタが登場しますが、私の通うスタジオでは、ポリ塩化ビニール製の水道管を愛用している方がちらほらいます。案外いろんなサイズが手に入るし、軽くて丈夫で便利なのですが…アクリルは中が見えてさらに便利そうですね。
Commented by hamasan47 at 2006-09-03 01:33
私は以前口の広がった箸立て使ってました。透明は 口を下にぶつける心配も無いし ナイスアイデアです。でも私は センター取るの下手で 
時間かかるから 粘土くっつけ派です。鶴首は使いますけどね
Commented by mittieG at 2006-09-03 02:32
私はシッタ使ったことないんです。なかなかちょうどいいサイズがなかったり、慣れていないので面倒くさがったりで。
でも磁器土ばかりなので使ったほうがいいんでしょうね。直接のせてゆがませてます・・・。
こういうアクリル製のだったらマイシッタをいくつかそろえられそうなお手軽さがいいですね。
今日も勉強になりました。
Commented by yaduki-sion at 2006-09-03 10:35
私もずっと湿台使ってなかったんですけど、最近学校で湿台に乗せ始めたらその速さと便利さにもう手放せなくなりそう^^
なので、家用のカップ湿台と茶碗湿台を作る予定ですー。
・・・でもこのアクリル湿台もかなり魅力的・・・・。
お試しして見る価値は非常にありそうですね!!
Commented by tenstone at 2006-09-03 23:43
■ansyuさん
このシッタを使うのは首のあるものだけですね
普段は粘土の山に乗っけて削ってます。またはターンテーブルに粘土で直付けです。

■Potter-Yさん
システムはなるべくシンプルな方が色々対応出来そうですよ〜
このパイプ、ハンズの半端物で100円くらいでした^^

■ hashibamigさん
結局の所、何でもいいってことですよね(笑

■kanmyougamaさん
そう、大小あるんです!

■Hannaママ さん
僕も「直接ロクロ」派です、首ものはこれか粘土の山に穴開けたものでやってます。
中が見えると余計シビアで、たいへんかも…

■hamasan47さん
ぼくも粘土くっつけ派!
今回は結構本気でセンター出したかったのです。
見えてしまうと、「まぁいいか」とならず大変です(^^;)

■mittieGさん
磁器の削り、大変ですね
カチカチでやるんですよね?

■也月さん
素焼きのシッタも作っているんですが、たいがいは生シッタです。
一度これもお試しあれ!
Commented by lila at 2006-09-05 17:00 x
はじめまして。
札幌在住、陶芸教室に通う陶芸大好きのlilaといいます。
透明アクリルのシッタに驚いて出てきました。
アクリルのパイプどこに売っているんですか?
東急ハンズですか?私も試してみたいです。
Commented by tenstone at 2006-09-05 23:51
■lilaさん
はじめまして
アクリルパイプはハンズに売っていますよ
買った時は、たしかセール中で半端物だったので数百円でした。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください








2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)







2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動








作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层








Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

最新のコメント

□ 純一窯さん お役に..
by tenstone at 11:34
過去記事にコメ失礼します..
by 純一窯 at 00:01
お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59