[#342]器の撮影(その3)

器の撮影シリーズ、最後です。
今回は撮影の際のシチュエーションですね。
敷物を使った撮影などよく見かけますが何か不自然な場合が多いです。
敷物の柄や質感、さらには「それ100円ショップで売ってるでしょ!」なんてことが伝わり過ぎ。
b0022655_16152813.jpgイメージはこんな感じでしょうがコンパクトデジカメじゃなかなか背景もボケないので柄などが見えすぎてしまいますよね。
ではどうしましょ?
A:背景を遠く離します。
あと、僕の私感ですが「器」ということであれば暮らしの中のシチュエーションが1番かと…
僕もいろいろ試しました。
背景に布を使ったりもしましたが、仮に上手く撮れても美術品のようで
見る人が自分の暮らしの中で使っている想像をしにくいということ。
極端にいうと、食卓やキッチンで撮った方が自分が使う事をイメージしやすいんですね。
野外も撮りましたが明らかにおかしいです。現実で原っぱや地面にご飯茶碗が置いてある事はほとんどありません。(まるでハードロックのプロモーションビデオでグランドキャニオンでギターを弾くギタリスト並み!?)
あ、これは僕が僕の器を売る為に撮るという事を前提にした私感です^^

窓際にテーブルでも置いて壁からの距離を離し、1番手前に器を置きます
今回はここで撮ってみます
b0022655_16351123.jpg
テーブルの長辺を使い1番手前に器、奥に小物。(無くても良かったかな)
草花なんかを画のどこかにいれるのもいいですね。
b0022655_16395226.jpg
▼背景を片付けて、アップで。全体が写らなくても伝わる事もあります
b0022655_16412686.jpg
いろんな構図を試す
b0022655_1641403.jpg
その器の1番セクシーなところは自分が知っているはず
b0022655_16415324.jpg

こんなこともしてみたり
b0022655_1644830.jpg
b0022655_16443138.jpg

なるべく窓際を奇麗に片付けておけば感じのいい写真が撮れるかも!?
ライトやストロボ、背景紙など上手く使えればどこでも撮影出来ますが
やっぱり自然光はすばらしいので上手に利用させていただきましょう^^

最後に大事な事がありました!
!!!カメラの取扱説明書を読む!!!
最近のカメラは優秀で、ボタンを押せば普通に撮れるようになっていますが
実はマニュアル撮影でいろんな事が出来たりするんで一度読み返してみてはどうでしょう。
陶芸家の素人撮影法ですが、参考になればうれしいです。

そでは今日も応援おねがいします!
人気ブログランキング1日1クリック→ranking
by tenstone | 2007-08-30 17:03 | 技法・technique | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://tenstone.exblog.jp/tb/7371066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyago21 at 2007-08-31 08:25
「暮らしの中で使う器だから、暮らしの中のシチュエーションで撮影する」というこだわりに感じ入りました。
どうせファインダーの中に切り取られる範囲だからと考え、
それこそ背景を白い敷物でごまかしたりもしてみましたが、
器の姿を生かすにはやっぱりそれじゃダメなんですねぇ。
・・・まずうちの中の片付けをしてから、という必要が(笑)
Commented by Hannaママ at 2007-08-31 11:57 x
写真のコツ、とても参考になります〜。
「窓際をきれいに片付けておくと」というところが何気に高いハードルです…。生活感あり過ぎの写真も困りものですよね。
↓レフ版は発砲スチロールで代用できるんですね。一人で重い鏡と格闘していました。目から鱗です!
Commented by tenstone at 2007-08-31 13:41
□nyago21さん
なるべく違和感の無いシチュエーションで撮りたいと思っています。
僕の場合は「使ってもらう為に売る」が前提ですから^^

□ Hannaママさん
レフ板は鏡や銀のものだと光がキツくなってしまいコントロールが大変になります。白っぽいもので優しく照らしてあげるのがいいかと思います
Commented by tomawari-nikki at 2007-08-31 19:42
いつぞや訪問したときの「tenstoneさんミニ写真レクチャー」
それだけでも随分目からウロコ・・でしたが
今回も随分勉強になりました♪ありがとうございます。
その器の「一番のセクシー(笑)」を発見する目を肥やしていくぞぉ~!
おー!
Commented by tenstone at 2007-09-01 01:45
□tomawari-nikkiさん
1眼レフ、買ったんですよね?
nikon仲間かな

Commented by lila at 2007-09-01 11:46 x
カメラが苦手でだめな撮影ばかりしている私です。
カメラの説明書?読むのが苦手です。
このブログの「器の撮影その2とその3」もやっと読みました。
三脚も持っていますが、つい面倒で・・・。これって性格です。
性別は関係ないでしょうが、どちらかというと男の人って
色々なこと妥協しないで凝りますよね。
これから、もう少し撮影がんばろうっと!
その前に、作品がよくなきゃね。

いろいろ、撮影のコツ、ありがとうございました。


Commented by tenstone at 2007-09-01 16:19
□lilaさん
こういうのは男の方が凝り性かもしれませんね^^
でも器の世界、女性のセンスにはかなわない部分が多いと思っています。
いろいろ作品紹介してください


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23
>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26
横手の急須で検索したら‥..
by てると at 12:02
>michi_potte..
by tenstone at 00:54