カテゴリ:道具・TOOL( 74 )

[#789]排水トラップ

工房を作る時に意外と困る事の一つに排水の問題があります。
泥、釉薬などを流すので下水管の詰まりも怖いし環境の事も考えると…きりがないくらい心配になってしまいます。
以前の工房では灯油ポリタンクを改造したトラップを使っていましたが今の工房では容量アップして写真のようなボックスで作りました。
構造は簡単でシンクからの排水の入り口を作り、なるべく上の方に排水の為の口を開けます。
月に1度くらい中の沈殿物をとって素焼きの鉢で乾燥させた物を素焼きしてから廃棄します。
b0022655_1665730.jpg

箱のドブさらいをすると結構溜まっているので、トラップ無しでこのまま排水と考えるとゾッとしますね。
ほんとうは水をはった洗い漕を使えばもっと良いのでしょうか。
良いアイデアありましたら教えてください♪


!→…ranking
by tenstone | 2010-08-19 16:21 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

[#776]新聞は読まない

ケイカル板を使うようになってからは、何でもケイカル板の上で作ります。
それ以前、板皿などを作る時は新聞紙や片栗粉などを使って作業していましたが最近ではどちらもほとんど使わなくなりました。
b0022655_17204891.jpg
いろんなサイズに切ったケイカル板を使っています。これは45cm×45cm

出来上がった物をどんどん積んで。
b0022655_17211392.jpg
乾きを遅くしたい時はこれごとビニールで囲ってしまいます。

ニュースなどもインターネットで読んでいるので新聞の存在意義がゼロではないにしても随分うすれてきました。
橋本家では新聞をとっていないので作業用に貰ってきていますが、ケイカル板のおかげでなかなか減らなくなってきました。



!→…ranking
by tenstone | 2010-07-23 17:32 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(5)

[#773]スポンジ

以前、1500円のスポンジについて書きました。
その後、ホームセンターでミズさんが使ってると思われる吸水スポンジを発見!
2種類あったので両方買ってみました。値段は100円〜200円くらいだったような…とにかく普通の値段ですね。

早速3種類を使いだしましたが、もうどれがどれだか?さっぱりわかりません!
僕の仕事の中では使用感や耐久性もそんなに変わるようには思えません。
b0022655_144468.jpg


僕の結論
「1500円のスポンジじゃなくても良い」
ちょっと悲しいような、嬉しいような…

作業によって使い方は違いと思いますので参考程度になればと思います。


!→…ranking
by tenstone | 2010-07-16 14:08 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

[#667]高級スポンジ?

ミズさんのブログを見ていたら彼女もスポンジについて熱かったので僕のスポンジも紹介します。
ロクロ、タタラなど成型時に使うスポンジは普通の固さで90×90cmほどのスポンジを買ってきて、それを切って使っているのですが、皹化粧の処理に使うと「あっ!」というまにボロボロになります。
釉掛けの時も超〜タイトに拭き取る事が多いのでボロボロでエッジのないスポンジは使えません。
いつも心の片隅に「良いスポンジはないか」と思っていました。

数週間前に出会ったこのスポンジ、今のところは良い感じです。
吸水性、堅さ、へたり具合ともにすばらしいです。
ただし、僕のスポンジ作業の中で一番ヘビーな作業はまだしていませんが^^
b0022655_17263915.jpg

ちょっと汚い写真で申し訳ありませんが。。。

カットして使っています。
たくさんは試していませんが今まで使ったスポンジの中ではダントツに良いです!
いつまでもエッジがしっかりして、ヘタリがありません。
ストレス無く作業を進める事が出来ます!
が、この高野豆腐みたいなのが1個1500円は高いのか安いのか…今後のこいつの活躍次第でしょう。




!→…ranking
by tenstone | 2010-06-01 17:35 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(4)

[#640]コテ

おもにロクロ成形のときに器の内側の形に合った、いろんな形・サイズの「コテ」を使います。
b0022655_046418.jpg

今日は小皿をろくろで挽いていて、どうも…いつも使っている汎用のコテにストレスが。

本当はコテのせいじゃないかも知れませんが、気分転換にこの小皿用のコテを作りました。

板を切って、グラインダーで削り、ヤスリがけをすれば出来上がり。
もっといい木を使った方がいいとは思うけど、今すぐ欲しかったので端材ですませちゃいました。

b0022655_0452323.jpg

なかなかいい感じ。

気分がノってきました。



!→…ranking
by tenstone | 2010-02-28 00:49 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

[#624]ラテックスについて

2週間ほど前の記事でラッテクッスの使い方などについて質問したのですが、いろいろと参考になるご意見をコメントで頂きました。ありがとうございます。
それぞれ環境や使っているアイテムが違うので、これが正解というのは無いでしょうからソースが多い方がいいはずです。
酒井紫羊さんという作家さんのブログharunohitsuji でも紹介していましたので参考にされてはいかがでしょうか。



!→…ranking
by tenstone | 2010-02-01 21:19 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(11)

[#616]陶画のりについて質問

【Q】 陶画のりってありますよね、あれって固まらない用にする方法ってあるんですか?固まったものを溶かす溶剤は無いんでしょうか?

こんな質問を頂いたのですが、僕自身は陶画のり(ラテックス…ですよね)を使っていませんのでお答えする事が出来ませんでした。
僕も教えていただきたい!
上記の質問の他、
・撥水材やロウ抜きと比べてのメリット
・使用のコツ
・注意点
・こんな使い方
などなど、どんな事でもいいので教えてください。

よろしくおねがいします


ランキングアップ週間!→…ranking
by tenstone | 2010-01-16 12:01 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(15)

[#592]いいんじゃない!

前記事に書いた「ケイカル板」使ってみました。

いつものようにロクロを引いてケイカル板の上にどんどん置いていく。
明日削ろうと
いつものようにサラッとビニールをかけて帰宅。
今朝、スタジオに来て作品をみて見ると「あれ!?削んなきゃ!」
乾いています、それもいい具合に。
いつもだと上が乾いても高台のあたりはべちゃべちゃだったりするんですが、割と均一に乾いちゃっています♪
持った時に、底が乾いているのでなんかストレスがない感じ。

これスゴくいいかも!
もしかしてこれって僕が知らなかっただけで常識なのかな?
昨日、今日と使ってみた限りではこれを使わない理由は出てこない!ってくらい快適なんですけど!(僕の仕事の流れではね)
というか、木の板を使っている理由も出てこない。(←スイマセン大げさです)
とくに板皿の乾燥には絶対使った方が良さそう。
b0022655_21495191.jpg

カメ板もこれで作ろうかな。

ケイカル板使っている方ご意見お聞かせ下さい〜

…ranking
by tenstone | 2009-10-24 21:52 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(7)

[#591]ケイカル板

札幌は紅葉も終わりに向かい、日中の気温も上がらず制作には辛い季節がやってきました。
b0022655_155425.jpg

この時期から作品の乾燥スピードが一気に遅くなり完成までの時間も長くなってしまいます。
そこで以前からちょっと気になっていた「ケイカル板」、正式名称「珪酸カルシウム板」を買ってきました。
石膏ボードの軽い物と考えていいのでしょうか。
ロクロ引きした作品や板皿なんかも、これの上に置いてゆけば木の板より少しは水を吸ってくれるかな?と。
b0022655_1555381.jpg

1820×910のサイズで売っていますので使いやすいサイズにカットします。
はじめに電動ノコギリで切ったのですが、粉塵がスゴいので手ノコで切り始めました。
もしかして!?と思いカッターで切ってみると、簡単に切れました。

さて効果の方は?
これから使ってみてまた報告しますね。

それと石膏板
b0022655_15623.jpg
先月の名古屋の個展の時に数少ない陶芸仲間(といっても大先輩)の金成じゅんこさんと鈴木史子さんに一押しされた石膏板(っていうのかな?)
一個引きの時、ロクロにすえた石膏板の上で引くそう。
鈴木さんが送ってくれました。ありがとう!
これがスゴくいいらしいので、そのうち石膏でいっぱい作ってみようと思います。


これで溜まっている仕事がどんどん進めばいいなぁ。。。

ケイカル板その後

!→…ranking
by tenstone | 2009-10-22 15:22 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

[#574]ロクロまわり

今まではビルの中で制作していたので、こうして陽の光が差し込む中での制作は新鮮です。
8月初旬は暑い日が続き、日当りも良く窓の大きいこの建物は灼熱地獄となっていました。
ふと気がつきブラインドを買ってきて付けたら、随分と楽になりました。
b0022655_14352734.jpg

お盆が過ぎてからはあっという間に寒くなってきましたけど、天気の良い日はこんな感じでとても気持ちがいいです。

僕のロクロまわりは写真のように木で枠を組んだ(自称)ロクロコクピットです。
これを2台並べています。
道具類の収納はは美容師用のワゴンを使っています。キャスター付きなのでコロコロと作業台やロクロ脇へと移動できて便利です。
b0022655_14351070.jpg


来月は名古屋、広島と個展続きです、会いにきてくださいね♪


ブログランキング→…ranking
by tenstone | 2009-08-25 14:54 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(5)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください







2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月28日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)






2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動







作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层







Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

最新のコメント

お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59
□ sakuramoon..
by tenstone at 22:19
スッキリした展示でお洒落..
by sakuramoon7767ryo at 17:27