<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

拘り・情熱

ある会社の社長さん、東京からわざわざ日帰りで仕事の打ち合わせに来ていただいた。

湯布院のスイーツ屋さんが移転とともにカフェをオープンさせるという事で、そこの器を全て任せていただけるという。
そこのお店はプリン、ロールケーキ、チーズケーキの3種類しかやっていないという。
それだけでも拘りを感じる。

関係ある話、ない話といろんな話をして、ままごとのように器を組み合わせながらイメージを固めていく。
例によってタイトなスケジュールな仕事になるけど、こうしてわざわざ来てくれる情熱に応えるよう頑張ろうと思います。
b0022655_1915362.jpg



!→…ranking
by tenstone | 2011-11-29 19:20 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

Stay Strong! Japan

震災後、微力ながらいくつかの支援に参加させてもらった。
その中のひとつ「Stay Strong! Japan
iOS用アプリだったのだけどいつの間にかYouTubeでも見れるようになっていたので紹介します。



当初、アプリの売上を義援金にという事でしたがAppleとのアプリ許認可関係の事情で無料アプリとして配布し別途寄付を募るという事になったようです。

当時の事を退色させないという思いとともに、参加アーティストが豪華ですので是非ご覧ください。


■参加アーティスト (アルファベット姓名順)

艾未未 | アイ・ウェイウェイ ( アーティスト | 中国 )
会田誠 ( アーティスト | 日本 )
アンテナ ( アーティストグループ | 日本 )
荒川医 ( アーティスト | 日本/米国 )
ピーター・ビドルフ ( 陶芸家 | オーストラリア )
オラフ・ブラウニング ( アーティスト | 米国 )
曹斐 | ツァオ・フェイ ( アーティスト | 中国 )
陳界仁 | チェン・ジェレン ( アーティスト | 米国 )
崔在銀 ( アーティスト | 韓国)
雀正化 | チェ・ジョン・ファ ( アーティスト | 韓国 )
ヒーマン・チョン ( アーティスト | シンガポール )
サンティアゴ・クルル ( アーティスト | アメリラ )
遠藤一郎 ( 未来美術家 | 日本 )
ニナ・フィッシャー & マロアン・エル・サニ ( アーティスト | ドイツ/日本)
藤倉大 ( 作曲家 | 日本)
文原聡 ( アニメーション・ディレクター | 日本)
アーニャ・ガラッチオ ( アーティスト | 英国)
劇団☆死期 ( 人形劇団 | 日本)
ギムホンソック ( アーティスト | 韓国)
権藤知彦 ( 音楽家 | 日本)
橋本忍 ( 陶芸家 | 日本)
法貴信也 ( アーティスト | 日本)
堀江博久 ( キーボード奏者 | 日本)
謝德慶 | シェ・ドゥチン ( アーティスト | 米国)
伊藤美樹 ( イラストレーター | 日本)
ジュン・ヤン ( アーティスト | 台湾/オーストリア)
テレルヴォ&オリバー・カルレイネン ( アーティスト | フィンランド)
亀井佑子 ( アーティスト | 日本)
金氏徹平 ( アーティスト | 日本)
キムスージャ ( アーティスト | アメリア)
キム・ソラ ( アーティスト | 韓国)
木村大太 ( シュー・デザイナー | 英国/日本)
木村太陽 ( 美術家 | 日本)
児玉房子 ( 写真家 | 日本)
小泉明郎 ( アーティスト | 日本)
小島果歩 ( アーティスト | 日本)
栗林隆 ( アーティスト | 日本)
スラシ・クソンウォン ( アーティスト | タイ)
イ・ブル ( アーティスト | 韓国)
林天苗 | リン・ティエンミャオ ( アーティスト | 中国)
馬原朝子 ( ギャラリスト | 英国/日本)
mamoru ( アーティスト | 日本)
マーク・マンダース ( アーティスト | オランダ)
クリスチャン・マークレー ( アーティスト | 米国)
南川史門 ( 画家 | 日本)
宮菜穂子 ( 役者 | 日本)
宮島達男 ( 現代美術家/東北芸術工科大学 副学長 | 日本)
宮永愛子 ( アーティスト | 日本)
デニス・モリス x 辛酸なめ子 ( 写真家 | 英国)
小川敦生 ( 美術家 | 日本)
大巻伸嗣 ( アーティスト | 日本)
岡田裕子 ( アーティスト | 日本)
奥村雄樹 ( アーティスト | 日本)
大島洋 ( 写真家 | 日本)
大島依提亜 ( デザイナー | 日本)
小沢剛 with かまぼこアートセンター ( アーティスト | 日本)
眞田岳彦 ( アーティスト/デザイナー | 日本)
瀬田一郎 ( ファッション・デザイナー | 日本)
篠田太郎 ( アーティスト | 日本)
塩田千春 ( アーティスト | ドイツ/日本)
下道基行 ( アーティスト | 日本)
首藤幹夫 ( 写真家 | 日本)
五月女ケイ子 ( イラストレーター | 日本)
杉本博司 ( アーティスト | 日本)
孫遜 | スン・シュン ( アーティスト | 中国)
須藤由希子 ( アーティスト | 日本)
高田漣 ( 音楽家 | 日本)
高橋幸宏 ( 音楽家 | 日本)
高野寛 ( 音楽家 | 日本)
田村友一郎 ( アーティスト | 日本)
タナカカツキ ( アーティスト | 日本)
田中功起 ( アーティスト | 日本)
蔡佳葳 | ツァイ・チャーウェイ ( アーティスト | 台湾)
ウエノ・アモーレ・ヒロスケ ( イラストレーター | 日本)
宇治野宗輝 ( アーティスト | 日本)
マルティン・ヴァルデ ( アーティスト | オーストリア)
王功新 | ワン・ゴンシン ( アーティスト | 中国)
王庆松 | ワン・チンソン ( アーティスト | 中国)
ワン・スーリン ( アーティスト | 台湾)
ケビン・ウェスタンバーグ ( 写真家 | 英国)
WiCAN with 岡田裕子 & 会田誠 ( WiCAN - 千葉アートネットワークプロジェクト | 日本)
ユルゲン・ウォルフ ( 画家 | ドイツ)
山口崇司, d.v.d. ( アーティスト | 日本)
山本高之 ( アーティスト | 日本)
米田知子 ( アーティスト | 日本/英国)
ヨシマルシン / 天久聖一 ( イラストレーター | 日本 )


!→…ranking
by tenstone | 2011-11-28 00:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

かわいい土鍋

b0022655_20114240.jpg

お客さんからのオーダー品の注文を頂いた時、だいたいは2〜3パターンを作り、その中から選んだり選んでもらったりします。
この鍋は、作っては見たもののサイズが希望サイズより小さかったのでお客さんには出しませんでした。

b0022655_20113967.jpg

b0022655_20113536.jpg


気になる方はご連絡ください。
直径22cm高さ7cm(蓋、取っ手含まず)18900円


!→…ranking
by tenstone | 2011-11-26 20:18 | 作品・works | Trackback | Comments(2)

【まとめ】タタラの切れ

前記事についていろいろな意見を聞かせてもらいましたので、僕なりにまとめておこうと思います。
結果としては一般的に言われている「締め」や「乾燥のコントロール」なのですが、それがなぜなのかを考えてみようと思います。

【1】切れの原因について
前提として
1.粘土は乾燥時に収縮します。
2.乾燥は外気に接している部分から進みます。
3.収縮率は土の密度によっても変わります。
これらの事から、乾燥時に外側と内側の収縮差が出来るため粘土に無理がかかり、耐えられなくなった部分に亀裂が入るのではないかと考えます。
要因は1つではなく複合的なものだとも思います。

【2】対処
普通に乾かすとやはり外側・内側で乾燥スピードが変わってしまうので収縮差ができてしまいます。
全体的に乾かすのに有効なのが新聞紙やビニールをかけてゆっくり乾かすという事でしょう。
しかし、目的は収縮差を少なくするという事なので可能であれば早くても均一に乾かす事が出来ればベストだと思います。
全ての箇所が同じように縮まれば問題ないはずです。
これが難しいので一般的には「ゆっくり乾かす」という方法をとるのだと思います。
問題は【1】の3「密度」についてです。
これが一般的に言う「しっかり締める」ということです。
締めるという事はもの自体の強度も上がりますし、とにかく締めておけば全体の密度を均一化しやすいからだと思います。
これも、目的は密度差を無くすという事ですから一切締めないで全体が緩い状態でもいいのだと思います。強度は少し落ちるのでその他の要因に対しても弱いかもしれませんが。
(ここで話している強度とは陶器としての強度ではなく、焼く前の粘土の状態での強度です)

今回の僕の現象は多分これが原因ではないかと思いました。制作の方法から見てみると縁部分と中部分の密度の違いが出来やすい方法です。
前記事の写真を見て判るように乾燥三日目ですがそれほど乾きムラも無く、まだ湿っている状態です。
ほぼ均一に乾きだしています。
そして、大きな皿にはあまり表れない現象でした。
小さなサイズの場合、縁(締めている)の部分とそうでない部分の割合が近くなり、収縮差に耐えきれなくなる。例えば1:2(高密度:低密度)など。
大いお皿であればその比率は1:10〜となるわけです。
じゃぁ、どうするのか?
全体を良く締める、または縁をあまり締めない。このどちらかだとおもいます。
結論としてはごくごく一般的な事なんですが、自分の中で合点がいきました。
これが正解かどうかは確信出来ませんが、
作り直しが出来ましたらまた報告したいと思います。
ご意見くださった皆様ありがとうございました。また気がついた事ありましたらお聞かせください。



!→…ranking
by tenstone | 2011-11-24 18:14 | 技法・technique | Trackback | Comments(4)

タタラの切れ

仕事場に来て、朝からガッカリしちゃいました。
b0022655_10353896.jpg

ここ1年くらいかな?
丸いフラットプレートを作る時こんな感じでS字に切れる事が多くなったんです。
直径13cmくらい8mm厚のタタラ。
新聞紙をかけてゆっくり乾燥(この時点で三日目)
今までは量を作る事で対処(ごまかし?)してきたんだけど今回は全滅だったのでもうお手上げです。

何か、今までと違う事をしているか?
う〜ん、考えてもわからない。。。。

何か思い当たる事ありましたらご意見聞かせてください。

追記:作り方はこんな感じです→フラットプレートを作る

!→…ranking
by tenstone | 2011-11-23 10:47 | 技法・technique | Trackback | Comments(15)

ステップアップ

b0022655_2319641.jpg

今立っている段から片足を一つ上の段にあげる
さらに上がるには
1段下にある足を抜かなければならない

たとえ、そこが居心地の良い段だとしても



!→…ranking
by tenstone | 2011-11-21 23:24 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

家の器

家で使っている器はほとんどが自分の作品だけど、ほとんどが失敗した作品。
今年は蓋が失敗した土鍋が2台も…
先日、古い土鍋が割れたのでちょうどいいか(笑)
b0022655_19575376.jpg


ボロボロのハネ品ばかりなのでお客さんが来ると恥ずかしい。
そのうち家用にもちゃんとした器を作ろう。


!→…ranking
by tenstone | 2011-11-20 20:05 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

Reborn

窯出し後、不意に落としてしまい
一度も器としての仕事をせぬまま割れてしまった4つの欠片。
あまりにも綺麗に割れていたのでそのうち継ごうと思い、とっておいた。

b0022655_1954075.jpg




!→…ranking
by tenstone | 2011-11-19 19:12 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

板皿のふち作り

b0022655_2054947.jpg

僕の作る板皿のふち作りで、わざとバリを作りそれをくるっとしている物があります。
フラットな皿は、こういった処理をする事で使う人に安心感を提供する事が出来るように思います。

まず、薄く作っておいたふちの部分に水をつけ、柔らかくしておき。一気になぞるように指で丸めていきます。
最後はふちの下を撫でるようにして微妙に角度をつけます(たぶん2°〜3°)
細かいようですが、こういった細工の積み重ねで器感が増すのだと思います。




!→…ranking
by tenstone | 2011-11-18 21:04 | 技法・technique | Trackback | Comments(0)

M-700とか

b0022655_211163.jpg

新しいアイテムを手に入れた

来年2月の個展に向け新しい試み

間に合うだろうか。。。

!→…ranking
by tenstone | 2011-11-17 21:04 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください







2017年スケジュール

ワークショップ&個展
7月28日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)






2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動







作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层







Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

最新のコメント

お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59
□ sakuramoon..
by tenstone at 22:19
スッキリした展示でお洒落..
by sakuramoon7767ryo at 17:27