<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

撮影用iphone

b0022655_14521810.jpg

昔、バンドのリハーサル録音用にMD(懐かしい!)と共に使っていたオーディオテクニカのステレオマイク。
これを一眼動画撮影用に使おうかと思ったんですが…動画撮影用に使っているGF3は外部マイク入力が無かった。。。
まぁ、とりあえず最近はiPhone動画ばっかりだしiPhoneに繫いでみようと思ったのですが。
b0022655_14522986.jpg

【IPhoneのヘッドホン端子は4極】

iPhoneのヘッドホンはマイク付きで、要するに一つのジャックに入出力をまとめている「ステレオ出力+モノラル入力」の4極プラグです。
このマイクはiPhone用ではないのでヘッドホン端子に直接繫いでも入力されません。
補足ですがiPhoneのmicは外部内部ともにモノラルなので今回使用するステレオマイクはモノラル録音となってしまいます。

そこで使用するのが分配アダプター、これを使うとiPhone対応でないマイクも使えます。(何でも使えるわけではないです)
b0022655_14524413.jpg

ちゃんと動画撮影する時にはグリップを使うようにしています。
このグリップは三脚にもなるスグレモの。
どうせなら格好よくセットアップしてみましょう。

b0022655_14524145.jpg

オーディオテクニカのホームページからホットシュー用のマイクホルダーを取り寄せ、道具箱に入っていたL字のアングルと組み合わせます。
ちなみにL字アングルとホルダーを留めるネジはカメラの三脚などに使われるネジで、1/4インチネジなので東急ハンズで買ってくると安く済みます。

全部を組み合わせると、ごっつくて格好いいですね(笑)
b0022655_14524737.jpg

b0022655_1452516.jpg
b0022655_14523883.jpg

使用感は…マイクの性能・特性次第ということになります。
この場合はマイクのレベルが低く、音量的にはちょっと物足りない感じ。
しかし単一指向性マイクなので、よくある録画中に撮影者が喋ると被写体より撮影者の声が大きいということ低減されると思います。
よけいな音を拾わず被写体方向の音声を拾いやすいのです。
もちろんこのセットに一眼レフも載せられるのでいずれはそうしてみようかなと思います。

【最後に】
ここまでやっておいて書くのもなんですが、もともと持っているマイクも無く一眼レフとか考えずにiphone専用であればこれが良いかな(笑)

!→…ranking
by tenstone | 2014-01-16 15:49 | 趣味的な話 | Trackback | Comments(0)

注ぐもの、注がれるもの

b0022655_18383512.jpg

僕はほとんど酒を呑まない。というか呑めない。
30代半ばくらいから少しずつ呑むことが増えたような気もします。
それでも、ビールの年間消費量2〜3リットルくらいかな(笑)

そんな僕が生意気にも酒器なんか作っちゃってゴメンナサイ。あはは。

!→…ranking
by tenstone | 2014-01-15 18:44 | 作品・works | Trackback | Comments(2)

見っけ!

正月に実家にちょっとだけ寄りました。ホントにちょっとだけ。20分くらいかな(笑)

僕の実家は白老町というところで喫茶店と陶芸の店をやってます。
はしもと陶芸
ということで実家へ寄ったのも納品です。
やけにコーヒーカップをせかされるなぁと思っていたら「マグカップ・カップ&ソーサー展」というのが開催されており僕も組み込まれていました(笑)

展示を見てみると…お!陽平のもあるじゃん!

b0022655_19543075.jpg

昨秋まで僕のアシスタントをしていた陽平のマグカップもありました。
こうして作家として活動しているのを見ると素直に嬉しいですね。

また、ミズさん(彼女もうちの卒業生)も出品してました。
みんなの動きが見えるとテンション上がります♪
もっと、もっと行ってもらいましょう(笑)

マニアックな事ですが、陽平の作る取手はけっこう良いです。
取手の形とかサイズとかは人それぞれ合う合わないがあるのでいいとして、指を通し持った感じがなんか優しいんです。
技術的な事って、やっていればどんどん上達するしデザインも洗練されていくと思うんですけど、こういう何となく感じるものってその人独特のものだと思っています。
所謂「その人らしさ」っていう事でしょうかね。
そのうちどこかで陽平のカップを見かける事があったら是非指を通してみてください。


b0022655_20392030.jpg

もう一つの見っけ。
以前掲載して頂いた関係から毎月送付されている生協の冊子「ちょこっと
届いた今月号の表紙の器は真紀さん
中には記事もありました。
ここのところ真紀さん、きてますねぇ〜 負けないように頑張らねばと刺激されます。

今日はなんだか身内応援記事になってしまったのでついでに!?
大阪の飯田さん、仙台の萱野さんも頑張っています(よね?)ので応援してくださいね。


たまには↓↓↓これもぽちっと応援してください
!→…ranking
by tenstone | 2014-01-11 20:58 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

橋本忍展

b0022655_2211578.jpg



b0022655_2211298.jpg


DMも出来上がり本格的に個展モード突入です。
これから1ヶ月随時作品の紹介をしていこうと思います。

!→…ranking
by tenstone | 2014-01-10 22:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

実感なきこの仕事

作った作品のほとんどは器屋さんやギャラリー等へ卸すことになります。
直接お客さんに手渡すのは自ギャラリーでの販売と個展などの時くらいでしょうか。


僕は自分の事を芸術家やアーティストという類いの人間ではないと思っているのですが、その一番の理由は自己完結できないという事です。
最高のものが出来た、
内から溢れ出るものを表現し他者の評価などは気にせず精度の高い自己を出し切るという事を最終目的とし満足出来ないのです。

「喜んでもらいたい」
これが付いてきちゃうんです。
僕の作品がどこかの誰かの暮らしの中に入っていき、使うでも飾るでも良いのですが何かしらのいい変化をもたらす助けになりたいのです。
できれば評価(褒めて)してもらいたいとも思いますが、名も無く使われていてもぜんぜん構いません。

これらを実感した時に、やってて良かったと「やりがい」を感じるのですが、先に述べたように作品のほとんどは販売店にお任せし、自分で販売した物についてもお客さんの家庭へついて行くわけにもいかないので、この仕事でそれを目の当たりにする事はほぼありません。


それでもたまには、
インターネットや雑誌で名も無く使われている写真を見つけググっとモチベーションが上がります。
Facebookやブログに載せてくれている方もいます。
直接言葉をかけて頂く事もあります。
こんな事を繫ぎながらやりがいを見出させてもらっています。

b0022655_16133086.jpg

たまたまこの2日間に嬉しいお知らせを2件頂きました。
建築家の方より、器を飾って頂いている店舗の写真を葉書で。


高知で居酒屋をやっている友人より器の仕舞い方の動画。
こんなに大事にされているとは、…感激です。


b0022655_16234292.jpg


みなさんに支えられて生きています。
感謝。

追記:
葉書を送ってくれたのは建築家の北出さん
動画を送ってくれたお店は居酒屋三郷
ありがとうございます。

!→…ranking
by tenstone | 2014-01-08 16:27 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

レジン

年末に発注していたブツが届いた。

が、しかし!使い方が不明…

作品に使う素材を探し辿り着いたのが「レジン」。
いつものように、やってみなきゃ解らないだろうと見きり発注です(笑)

説明書くらい付いてくるかなぁ、と思ったら何にも無いや。。。あははは、検索します。
b0022655_21445625.jpg

いつお披露目できるかもわかりませんが、合間を見て挑戦していきます。



!→…ranking
by tenstone | 2014-01-07 07:36 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

火鉢

今、火鉢を何台か作っています。
まず1台。
b0022655_17522647.jpg

b0022655_17522220.jpg

b0022655_17522889.jpg





!→…ranking
by tenstone | 2014-01-06 17:54 | 作品・works | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます


「心が豊かになる」そんなことを願いながら作品を制作しています。
しかし、それは生活が便利になる事や楽になる事だけではないのかもしれません。
手間がかかったり、気を使ったりということをしながら「丁寧に美しく暮らす」ことから生まれる副産物のようなものなのかもしれません。
明確な答えは見つかりませんがそんな事を思いながら今年も制作をしていきたいと思います。

まだまだ未熟な作り手ではありますが今年も暖かく見守って頂きたくお願いいたします。

橋本忍


!→…ranking
by tenstone | 2014-01-03 14:27 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(4)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23
>てると さん お久し..
by tenstone at 22:26
横手の急須で検索したら‥..
by てると at 12:02
>michi_potte..
by tenstone at 00:54