<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鉄黒土鍋

ここ数年の流れを振り返るとちょっとモヤっとする事がある。

今回の個展に向けては、ちょこっと自分のルーツに立ち返り制作をしたつもり。
どう感じとって貰えるかはわからないけど、僕の意識は違った。

目指す頂には近くなるのか、それとも遠のくのか、何れにしても此処はまだ麓。
多少迷ってもそう変わらないのかな(笑)。


2台だけですが土鍋も作りました。
b0022655_21454496.jpg

鉄黒土鍋 ¥27000


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F
作家在廊:11日(木)〜14日(日)





!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-29 21:47 | 作品・works | Trackback | Comments(2)

酒器

久しぶりに酒器を作りました。
しかし徳利はこれ一つだけ、ぐい呑はある程度の数が採れました。
b0022655_11371881.jpg



b0022655_1137469.jpg

皹黒徳利 ¥8640
皹黒ぐい呑 ¥4860
皹化粧ぐい呑 ¥4320


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F
作家在廊:11日(木)〜13日(日)





!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-28 11:40 | 作品・works | Trackback | Comments(0)

急須・ドリッパー

個展に向け、いろいろと出来上がってきます。
少しずつ作品を紹介していこうと思います。

b0022655_20341416.jpg
皹黒急須 ¥21600




b0022655_2034925.jpg
鉄黒ドリッパー&サーバー ¥16200


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F
作家在廊:11日(木)〜13日(日)





!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-23 20:39 | 作品・works | Trackback | Comments(0)

手なりに片口

個展ではなるべく、その時だけの物も作りたいと思ってはいます。
シンプルな片口を全部違うものにしようと思い、手なりに作ったものの…数パターン×個体差。
全部違うものを作るって難しいです。
b0022655_2112831.jpg

新しい釉薬「錆黒」で仕上げていきます。


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F
作家在廊:11日(木)〜13日(日)



!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-22 21:17 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

鉄黒焜炉

b0022655_19424283.jpg


b0022655_19415614.jpg


b0022655_194036100.jpg


b0022655_19395656.jpg


b0022655_19375017.jpg


b0022655_1936335.jpg

鉄黒焜炉(耐熱陶器) W31cm H14cm D18cm ¥54000



b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F
作家在廊:11日(木)〜13日(日)




!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-20 19:46 | Trackback | Comments(0)

【スマホ】写真の撮り方

前回の流れでスマホでの写真の撮り方を解説しようと思います。
写りが綺麗とか、雰囲気が良いとか、構図が良いとかもいいのですが、作家の立場から"怖い"写真の撮られ方は不正確な写真を撮られることです。

スマホのカメラ機能は優秀で、特に考えることもなく撮れるので、逆に出来ることも少ないです。

b0022655_0282690.jpg
ほとんどの人が知っているでしょうが撮りたいものを画面上でタップすると、そこにピントが合います。
この時ホワイトバランスと露出も合うはずですから、ピントがあっていると思っても必ず被写体をタップしてから撮りましょう。
これで変な明るさや色合いの写真になることは少なくなります。

もう一つ大事なのが撮影の距離です。
スマホのレンズは広角で、作品を画面いっぱいに撮ろうとするとかなり近づかなくてはいけません。
実は、こうして撮った写真は歪んでいるんです。
そこで、歪まない写真を撮るためには「2〜3歩下がる」。これで実物に近い写り方になります。

分かりやすいように普通の撮り方と2歩下がった撮り方を試してみました。
b0022655_0402561.jpg

20cmの距離で画面いっぱいにマグカップを撮るとこうなります。
b0022655_0413895.jpg

この写真だけ見ると、とくに問題はあるように見えないと思いますが
2歩下がって、ズームを使い画面の中で同じサイズになるように撮ってみた写真がこちら↓
b0022655_045113.jpg

どうでしょう?
撮り方によって形が違っちゃいますね。
離れて撮った写真のほうが実物に近い形に写り、間の抜けたフォルムに見えることが少なくなると思います。

ちなみにコンパクトデジカメもちょっと離れてズームした方がいい場合が多いと思います。


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F




!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-17 00:59 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

スタート

b0022655_12484316.jpg

土鍋も様になってきました。


昨年からアシスタントとして手伝ってくれていた小野くんが今週いっぱいでここの仕事を終え、東京へ帰ります。
いよいよ陶芸家としてのスタートです。
これから制作環境を整えるたりもするのだろうからすぐには始められないだろうけど、1分でも早く作り始めてもらいたいと願います。

また何か動きが出てきましたら皆さんにお知らせしようと思いますので、「小野俊」という名前を気にかけておいてください。

b0022655_12275475.jpg

突っ走れ!


!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-15 12:51 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

どうして撮影禁止なの?

b0022655_2022171.jpg

ギャラリーや展覧会場などに行くと「撮影禁止」ということも少なくないと思います。
この仕事をしてからどうしてなんだろう?って考えたことは幾度となくあるんですが明確な答えは判りません。
何が正解ということ無く、それぞれの考え方があり、多種多様な理由があるんだろうと思いますので今日はそこを想像してみます。

ちなみに僕の立場は「自由に撮ってください」「綺麗にね♪」派です。
その理由は、
「現在」ほとんどの方が写真を撮る理由がネットへのアップだと思うからです。
それほど知名度もなく、まだまだ沢山の人に知って貰いたい僕にとっては、広告費もかからずに拡散してくれるのは本当にありがたいことです。
ネガティブなことも拡散されるというリスクもありますけどね。
それよりも不安なのは…あまりにも不正確な写真を撮られて、それを拡散されると逆効果にもなりかねないという事なので「綺麗にね♪」なのです。
ちなみに、
具体的に僕が怖いと思う撮られかたは⇒フラッシュ光らせて撮ったり、(広角のレンズで)すごい近くから撮ったりです。
これらはかなりの確率で残念な画になってる事でしょう…怖〜。
スマホの場合はフラッシュはあまり使われませんが、レンズが広角なので結構寄って撮られますね。

さて、撮られたくない理由をいくつか考えてみました。
1.すでに広告効果は充分なので拡散してほしくない。
2.そもそもネットという媒体で拡散されることがイメージと合致しない。客層が違う。
3.観覧目的というより単に資料集め的ないやらしさを感じる。
4.場の雰囲気を損ねる。
5.下手な写真を撮られたくない。
6.とにかく嫌といったら嫌。

写真を取る理由がネットで拡散されるということを前提に1と2が嫌がられるのは、
昔からのお得意さんがしっかりついていたり、黙っていても人気のある企画などで必要以上に濃度の薄いお客さんを集めても購買率は下がるし、雰囲気は悪くなるし。といった考え方もできるかもしれません。
実際僕も、内容によりますがローカルの紙媒体の取材など断ることがあります。それは来て欲しいお客さんとは違った層が来てしまい、余計な労力がかかってしまうからです。

3は学生さんやアマチュアで陶芸をしてる方々で稀にいるのですが、作品や展示内容に興味もリスペクトもなく単に自分のスキルアップの為だけの視点で見ている。
こんな感じがありありと伝わってくる人に写真を撮られるといい気分はしないのかもしれません。

5も先に言ったようにネットで拡散されるとそれなりの痛手です。
ある意味6が1番説得力あるかもしれません。そう、嫌なら嫌でいいんです!

他にも色いろあるのかもしれませんが、それぞれのルールが有りますので撮影禁止と書いてあれば撮らない。
判らなければ尋ねてみる、ということでいいのではないかと。あははは。
何の結論も出ない話でしたが、
僕のギャラリーは大丈夫です。個展はその会場によりますが遠慮無く尋ねてみてください。

今度の個展会場、うつわ謙心さんも撮影OK!

b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F



次回はスマホでの写真の撮り方を解説してみようかな。

!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-14 20:07 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(4)

あれ?難しいかも。。。

b0022655_2214375.jpg

個展のために新しい小鉢?のような器を作ってみたんだけど、思いがけずちょこっと難しかった。
個展の時って思いつきでいろんなの試しちゃったりするんだけどあまり数多く作るわけでもないので、後からまた作ろうとすると、コツみたいなものを忘れちゃっていることもあります。
忘れないように何十個も作りたいところだけど、他の物も作らないといけないので最小で納めとく。

こんな感じでやっているので、個展の後から注文を頂いて再制作した時はちょっとニュアンスが違うこともあります。
まぁ、ナマモノなのでそこはご了承ください。


b0022655_1442350.jpg橋本忍 展
2016.2/11 - 2/16
OPEN 11:00~20:00(最終日 17:00まで) 
うつわ謙心
東京都 渋谷区渋谷2-3-4スタービル青山2F




!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-13 02:31 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

個展に向けて

次の個展まで一月ほど。
そうは見えないだろうけど、年末くらいから気持ちは騒つく。
できる事をやるしかないのにね、と落ち着かせる。


夏場は展覧会を入れないようにしています。
北海道での仕事は殆どないので展覧会=北海道を出るということで、どこへ行っても暑そうなのです。
暑さに弱い北海道人は、夏は北海道から出ない。これが良い(笑)

東京の個展は毎年2月、極寒の札幌から少しの間逃避できる。
滑る足元を気にせずアスファルトの上を歩けるのが嬉しい。
バレンタインも楽しみにしてます(笑)

橋本忍展
2016.2.11-16
東京都渋谷区 うつわ謙心

b0022655_3234918.jpg



!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-01-10 03:25 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store8/12up
陶芸用エプロン8/4up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報頂ければ確実です



2017年スケジュール
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳

企画展
3月22日〜28日
銀座三越

ワークショップ&個展
7月28日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)

▼終了しました▼

一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)



2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■Oh!happy day(名古屋)
■楚々(静岡)
■物.品 Wu-pin(中国) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

最新のコメント

お若いのに後進の育成にも..
by sakuramoon7767ryo at 12:55
□みちさん 先日はあり..
by tenstone at 10:45
お礼が遅くなりました。 ..
by みち at 22:59
□ sakuramoon..
by tenstone at 22:19
スッキリした展示でお洒落..
by sakuramoon7767ryo at 17:27