タグ:失敗 ( 32 ) タグの人気記事

土の記憶

b0022655_22275778.jpg

自宅で使っている失敗作品の片口。
口がねじれています。
この口はロクロで筒状にひいたものを半身に切り、それを本体に付けています。

僕のロクロは右回転なので土には左向きの抵抗がかかっています。
制作した時は確かに真っ直ぐに付けているのですが焼き上がる時、土は制作時の記憶を思い出してしまうようです。
これの対策は、逆方向にねじれた状態で接着すれば良しです。

作陶では、しばしば「土の記憶」に悩まされることがあるのです。

!→…ranking
by tenstone | 2013-03-07 22:46 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

フラットプレートの割れ解消かも

このブログでも今まで幾度となく書いてきた、板皿が素焼きで割れるという状況。
半分以上または全滅という事も何回もありました。
皹化粧については他の器に比べさらにリスクが高く、もう皹化粧のプレートはやめようかとも思っていました。
しかし注文にあなを空けるわけにもいきませんので原因を探りつつも2倍3倍の量を作る事で対応してきました。
b0022655_13535516.jpg

前回の大失敗の直後などは、たまたま伺ったグループ展でそこにいる作家さんたちみんなに恥を忍んで訊きまくる次第(汗)
また、笠間の沼野秀章さんは僕のツイートを見てすぐさま電話してくれ、いろいろと参考になる事を教えてくれました。
本当にありがたい事です。
沼野さんとの話の中で乾燥についての話がありました。
その後振り返り考えてみると、うーん…攻めこむが故だんだんと乾燥時間についても麻痺してきてる事に気がつきました。
そして素焼きでの割れについての情報を検索していると、僕に陶芸を教えてくれた吉田先生のブログにあたりました。ここでは焼き方(詰め方)について記述されていました。
当然、僕はこの方から陶芸を教わっているのでこういった事は教えてもらっています。
あらためて思い出しました。

しかし、何年か前から効率よく窯詰めするために作品をきっちり本棚の本のように立てて詰める。
 ↓
たまたま上手くいく。
 ↓
繰り返す

こうしているうちに感覚が麻痺して始めに教えてもらった事を忘れていたのです。
乾燥についても同じように麻痺していきました。
そして、この窯の詰め方と乾燥は結局「水分」についての事なのではないかと感じています。
大きな要因の一つにたどり着いたような気がします。

そして、その原因は慢心です。

プロとしてやってく以上は効率をあげる努力をすることは必須ではあるのですが、今回の件では完全に基礎基本をおろそかにしてしまったようです。
土の配合を変えてみたり、制作行程はどんどん丁寧にしていったりとテクニカルな対応をしていったのですが…結論はもっともっと初歩の「ちゃんと乾かす」「隙間を空けて焼く」という事だったのかもしれません。

「かもしれません」というのは、まだ完全に確証があるわけではないからです。
良く乾かした作品をきっちり並べずに隙間を空けながら素焼きしてみました。
・2週間ほど前に皹化粧の小さなフラットプレートはほぼ採れました。
・今週、皹化粧ではない大きなフラットプレートもほぼ採れました。
いずれも違う要因での失敗はありますが今まで問題になっていた事は解消されているように思えます。

付け加えておくと、これまでタタラでもフラットでないものはそれほど割れませんでした、こういった事も要因にたどり着かなかった原因かもしれません。
あらためて基礎基本をしっかり見直さなければいけないなと実感しました。


今日は、なんとかたくさんのプレートを釉掛けすることが出来ています。
b0022655_13535775.jpg


感謝

!→…ranking
by tenstone | 2012-09-28 14:54 | 技法・technique | Trackback | Comments(6)

皿祭り

ここの所ずっと、皿祭りかってほど皿ばかり作っています。
数種類あわせてもう200枚ほど作ったんだろうか。
こうして集中的に皿を作る機会をいただいたおかげでちょっとは皿作りのスキルがアップしたように思います。
今まで板皿は大きめの物も常時作っていましたがロクロでの皿は常に作っていたということもないので今回とても勉強させてもらいました。
上達するということは、つくずく自分の未熟さを思い知ることにもなりますが(笑)

今朝素焼きの窯を開けると板皿はまたしても壊滅的な状況…今のタイトなスケジュールでは切腹したくなるほどです。。。
しかし落ち込んでもしようがないので無事なロクロの皿を釉掛けして本焼きスタート。
時間的にも精神的にも余裕の無い感じになってきましたが、なんとかやるしかありません。
あとは好天が続き乾燥に時間がかからないことを祈るばかりです。
b0022655_0375076.jpg

b0022655_0375560.jpg

b0022655_0375850.jpg


!→…ranking
by tenstone | 2012-08-21 00:56 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

皹化粧の憂鬱

定期的にこの話題を書いているような気がします。
b0022655_1835487.jpg

皹化粧のフラットプレート、今回も素焼きで全滅でした。↑全部割れてます
2枚の注文に対してもう20枚以上失敗しています。
そもそも、この皹化粧という独自の技法はハイリスクで歩留まり(生存率)の悪い技法であり
板皿に関しては半分採れれば良いかなぐらいの気持ちでやっているのです。

いろいろと対策をしてきましたがもう手詰まりです。
たぶん原因は昨年から変えた土かなと思っています。ただ、その土が全てにおいて悪いという事ではありません。皹化粧に対して弱いという事でしょう。
実際、他の皿はこんなに割れないしロクロを挽いたものも全く問題がありません。

デザインを変え作り方も変える予定ですが、ご注文頂いているこの2枚だけは現デザインで出さねば…
お待たせしているお客様、本当に申し訳ありません。何十枚割れようと早々に必ずお渡ししますのでもうしばらくお待ちください。


では気を取り直し再度制作!

!→…ranking
by tenstone | 2012-05-11 18:53 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(4)

全滅

昨日の素焼き

皹化粧の大きなプレートは全滅

それより小さいサイズも8割くらいが割れちゃった

陶芸なんて普段からギャンブルのような仕事なので、少々のことではめげないつもりなんだけど大量の残骸を見ると流石に凹みます
b0022655_1141749.jpg

経営的に考えると、この皹化粧という生産性の低く不安定な「リスキーな仕事」を続けても良いんだろうかと本気で考えてしまいます。


!→…ranking


-------------------------------
Hi Mei.

Since you did not enter your email address, here are some tips to reply.
There is no glaze on the outside is cracked. It is a slip.
Black glaze. The original recipe contains many metal oxides such as iron or copper.
Please try many times. How to get a good result is not only a lot of testing.
Good luck!
-------------------------------
by tenstone | 2011-12-22 11:11 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(5)

タタラの切れ

仕事場に来て、朝からガッカリしちゃいました。
b0022655_10353896.jpg

ここ1年くらいかな?
丸いフラットプレートを作る時こんな感じでS字に切れる事が多くなったんです。
直径13cmくらい8mm厚のタタラ。
新聞紙をかけてゆっくり乾燥(この時点で三日目)
今までは量を作る事で対処(ごまかし?)してきたんだけど今回は全滅だったのでもうお手上げです。

何か、今までと違う事をしているか?
う〜ん、考えてもわからない。。。。

何か思い当たる事ありましたらご意見聞かせてください。

追記:作り方はこんな感じです→フラットプレートを作る

!→…ranking
by tenstone | 2011-11-23 10:47 | 技法・technique | Trackback | Comments(15)

失敗

来週より当ギャラリーで展示の予定だった、アシスタント飯田さんの作品たち。
昨日、窯出しをしたところほぼ全滅でした。
60点あまりの作品でしたが、かろうじて出せるものは16点。
月曜日からの展示ですが16点のみの発表となります。
b0022655_2013052.jpg

厳しいようですが、万策を講じていなかったということでしょう。

陶芸は裏切らない

たぶん大丈夫だろうと手を抜いたり、なめていると結果はちゃんと悪いものが出てくる。
そのかわり、しっかりやり尽くしたものには良い結果を見せてくれる。

彼女にも話したけど、僕は今まで一度もラッキーな結果をもらった事は無いと思っている。
やった事を下回る結果は出ても、やった事以上の結果は出ない。
だからやれる事は全部やる。

これから厳しい世界で生きて行くのだから
こんな経験も、卒業展には良いのかもしれない。


!→…ranking
by tenstone | 2011-07-23 20:20 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(4)

[#829] 割

蓋物は焼き上がった後ボディーと蓋が軽くくっついているので、プラスチックハンマーでコンコンと叩いて分離させます。

土鍋の土を変えてから、蓋のくっつきが強くなったようです。
なかなか外れず…つい力が入ってしまった。
b0022655_21372849.jpg

こんなことはじめてです。
次回からは外れやすいよう対策をします。



取引先よりリクエストがあり片手鍋も作ってみました
b0022655_21373170.jpg



-----------------------------------------------------
【お米がおいしい うつわ展】 -耐熱のうつわ-
11月25日(木)~30日(火)
うつわ謙心(渋谷)
【参加作家】
笠原良子 中尾雅昭 橋本忍 glass atelier えむに



!→…ranking
by tenstone | 2010-10-30 21:48 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

[#535]粉引きの風景

b0022655_12174958.jpg


これはこれで、美しい光景かなと…


…ranking
by tenstone | 2009-04-22 12:17 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(11)

[#531]こんな仕事…

昨晩は5月の展示会の打ち合わせ。呑めないのに呑んだもんだから朝から調子悪いです…
(__;)
それでも朝からなんとか窯出しをしました。


僕の仕事は、「粉引き」「鉄黒」「皹化粧」の3種類ですが

皹化粧…

スゴーい!手間がかかり

スゴーく!リスキー
b0022655_1284949.jpg

奥の2列は「鉄黒」用なので成形後何もせず素焼きしたもの。ここまでの生存率100%

手前は「皹化粧」用に化粧したもの。生存率30%

この後の本焼きでもいくつか割れることでしょう

新作なのでまだ改善の余地はあるにしても…こんな仕事していていいのだろうか?と不安になります。

でも「皹化粧」をやるようになってから、「粉引き」の手間とリスクは全く感じなくなりました^^


ちょっとへこたれた窯出しの朝でした。



ブログランキング応援おねがいします!→…ranking
by tenstone | 2009-04-01 12:22 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(10)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン8/23up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2017年スケジュール

個展
10月13日〜15日
@札幌

うつわごと 2017
11月1日〜6日
@大阪

▼終了▼
『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
8月4日〜10日
イル・ドーノ千歳
ワークショップ&個展
7月24日〜30日
Penélope Vallejo Studio他
(スペイン)
カップ&ソーサー展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
企画展
3月22日〜28日
銀座三越
一輪挿し展
2月18日〜26日
イル・ドーノ千歳
橋本忍展
2月9日〜14日
@うつわ謙心(東京)


2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動



作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层



Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>michi_potte..
by tenstone at 00:54
アメリカで陶芸教室に通っ..
by michi_pottery at 13:46
ありがとうございます。
by toujinsha at 06:26
了解です! 伺う時は工..
by さくさく at 23:10
□さくさく さん 工房..
by tenstone at 00:18