化粧の掛け方

高台を持つ事も出来ず、手跡も残したくない場合に有効な方法です。
僕はほとんどこの掛け方でやってます。

底と縁に指をかけ化粧泥に浸けます。

揚げた時に縁が曲がったりしそうな場合はもう一点、二点と支える指を増やします。(基本的には何点で支えても大丈夫です)

作品を置く時に手から滴が落ちないよう向きや角度を工夫します。
作品を置いたら、指をかけた口元を泥の付いた指でくるっと一周。このとき手に付いた化粧泥が指先から伝って作品に流れていきます。


!→…ranking




b0022655_03653100.jpgOneLOVEプロジェクト

被災地へ器を送る支援をしています、ご参加下さい
第9回目、第10回目、第11回目、第12回目、同時募集中


by tenstone | 2011-08-12 20:27 | 技法・technique | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tenstone.exblog.jp/tb/16105920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aimons at 2011-08-12 21:44
こんにちわ^^
いつも指跡がべっとりで、どうしたものかと
悩んでました。聞いてみたいな~と思いつつも・・^^;

さっそく、今度この方法でやってみます!!

急須の化粧掛けも、いつか動画UPしてほしいです<(_ _)>
Commented by tenstone at 2011-08-13 10:50
□ aimonsさん
こんにちは
急須も同じですよ、重たいので指を3本かけます。
チャレンジ!


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン2/21up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください






2018年スケジュール

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)






2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動






作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层








Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

タグ

最新のコメント

本物っぽいですね(^_-..
by sakuramoon7767ryo at 12:36
>てるとさん うわぁ、..
by tenstone at 21:37
冬道はアイスバーンならス..
by てると at 05:20
> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23