棚板の補修

ここのところ板皿を焼きまくりで棚板が足りなくなってきたので補修です。

棚板の補修は表面に塗ってあるアルミナコーティングをグラインダーで全部削り落とします。
この時の粉塵がひどくて、僕の工房は住宅地にあるのでご近所さんの洗濯物とかが気になっちゃいます。
そこで今日は水をかけながら削ってみたところとても良かったです。
b0022655_18523877.jpg

粉塵は全然出ないのでご近所にも自分の肺にも優しいでしょう♪

アルミナを全部剥がした後は再度塗り直して完成。
これで気分良く焼けます♪
b0022655_18554790.jpg

ちなみにグラインダーの歯はこれがいい!


!→…ranking
by tenstone | 2013-07-09 18:59 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tenstone.exblog.jp/tb/20705767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kamaneko at 2013-07-11 02:08 x
はじめまして窯猫です
棚板の補修後は窯詰め作業も
気持ちよく感じますね!私も同感
水で濡らした棚板はよーく乾燥させたほうがいいですよ
私は若い頃に棚板を窯の中で破損させた事があります・・・
凄い爆破音で木端微塵に粉々になりました(笑)

グラインダーの歯! 勉強になりました。
Commented by tenstone at 2013-07-11 10:46
□kamanekoさん
棚板、爆発するんですか!?こわ〜
ちょっと見てみたい(笑)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン2/21up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください







2018年スケジュール

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)







2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動







作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层









Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

タグ

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by 8315masaki at 22:29
>はにさん 参考になれ..
by tenstone at 15:57
すごくわかりやすかったで..
by はに at 05:47
>イマえもんさん あり..
by tenstone at 11:22
はじめまして。 佐賀県..
by イマえもん at 08:07