作品名

b0022655_1933269.jpg

この器は便宜上「鉢」と呼びます。

新しい器を作ると名前を決めるのに困ります。
名前なんてどうでも良いと言えばどうでも良いのだけれど、お客さんや業者さんと話をするときに名前が付いていないと困る。
僕の場合、名前を見て大体の内容がわかるように付けている。
新しいこの器の名前は…錆黒正角浅鉢かな。

鉢と皿の区別は難しいのですが、僕が区別するときは見た目ようりも構造に起因していることが多いです。
この鉢の裏側は高台が付いており、器全体も緩やかにカーブしています。
構造上の「底」は小さく、皿ではありません。
皿の場合は「底」部分が広く作られています。
これは自分ルールなので一般的な解釈とは違うかもしれませんが。
b0022655_19332869.jpg

名前の先頭に来る名称「錆黒」、これは僕の釉薬の名前で器の風合いを示しています。
他には
「粉引」
「鉄黒(てつぐろ)」
「皹化粧(ひびけしょう)」
「皹黒(ひびくろ)」
「赤鋼(あかがね」

「粉引」以外は僕の造語です。
たまにネットを見ていると「鉄黒」とか「皹化粧」という言葉を使っている陶芸の人がいます。
もしこれ、僕のを見て使っているなら、
一般的な名称だと思っていたなら、違いますよ!僕の勝手な造語です。世間では通用しませんから(笑)


!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-05-24 20:05 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tenstone.exblog.jp/tb/25835028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store11/12up
陶芸用エプロン10/25up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください



2018年スケジュール


 ▽▽▽ 終了しました ▽▽▽

■日本陶芸家橋本忍个展
9/22-9/25
精典書店 重庆市(中国)

『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
7月24日〜8月4日
@il dono千歳(北海道)

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)



2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動





作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层






Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> あかねさん 土の状..
by tenstone at 12:10
先日は、ありがとうござい..
by あかね at 00:51
大変ありがたい記事で、目..
by くるくるみ at 06:42
わかりました、非常に残念..
by 小樽 at 03:46
わかりました、非常に残念..
by 小樽 at 03:46