カテゴリ:陶芸コラム・column( 902 )

窯の中

「陶芸をやっているんです。」って話になったとき「山の中で?」って思われる方はいまだに多く、
「工房は市内で普通の建物なんですよ。」と話すと、イメージする陶芸家像との違いにびっくりされることが多いようです。
陶芸に接した事のない人にとっての陶芸家とは
 「山の中にある窯に薪を焚いて、
  縛った長い髪にタオルを巻き、
  作務衣を着て、
  気に入らない作品を「違う!」という掛け声とともに叩き割る」
こんなイメージのようです。
そんな人もいると思います、、、多分。
でも僕の知っている陶芸家の多くは市街地で普通の格好をして何も言わずに作品を廃棄してると思いますよ。

やりとりの中で、「市街地でやっている」となると「窯は?」という疑問を持たれます。
こういった会話は数え切れないくらいしてきているので受け答えはすっかりパターン化してしまっているのですが、だいたい僕が答えているのはこう、
「電気の窯なんですよ、簡単に言うと大きなオーブントースターみたいなものです。」


ということで焼成中の窯の中を撮ってみました。
b0022655_23320097.jpg
オーブントースターっぽいかな?
焼成中と言っても400℃ほどなのでまだ焚き始めのほうです。
一瞬だけ扉を開けて写真を撮りましたがこの後は熱くて扉を開けたくありません。
ここからは、10時間ほどかけて最高温度の1250℃までいった後、24時間ほどかけてゆっくりと温度を下げていきます。
僕の使っている電気窯はこんな感じ、 
これだと(ほとんど)煙も出ないので市街地でも陶芸が出来るのです。



下段の電熱線が暗いのが気になりますね。(写真では真っ黒ですが実際には弱めに発光していました)
今度、ちゃんと確認してみることにします。

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-06-07 00:22 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

大失敗

b0022655_18540792.jpg
窯出ししてみるといくつかのカップにヒビが入っていて、、、更によく見てみると薄くヒビが入っているものも多数。
もしやと思い、全ての作品を叩いてみると…ほとんどから鈍い音がします。
これらは目には見えなくてもヒビが入っているという事でなんです。
結果はほぼ全滅。写真に映っているのは全部失敗作。

原因はまだ特定できていませんが、釉薬と土の相性が良くなかったのかなと思っています。
また新しい釉薬を調合してリトライです。

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-05-28 19:13 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(6)

さらば黄土

中国黄土はその名の如く黄土色した鉄分の強い土で、僕の作陶には不可欠な材料の一つです。
釉薬原料の一つとして、加飾用としてもつかっているのですが、昨年から陶芸材料としての販売が無くなると聞いていました。
ある程度のストックがあったので切実に感じていなかったのですが、材料屋さんからもうすでに販売していないと聞いて急に焦ってきました。
b0022655_21125011.jpg
材料屋さんが代替品として持ってきてくれたのが「イエロー弁柄」。
M-42とも書いてあります。Colour Index Generic Name では天然黄土がPigment Yellow 43で、合成黄土がPigment Yellow 42となっているのでそこら辺と関係あるのかな?

まだストックの黄土はあるのですが、無くなる前にいろいろテストしてみないとですね。
あー面倒だ。。。

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-05-25 21:39 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)

少しだけ アップ。

札幌も春になり、当工房へお越しいただく方が増えてきました。
しかし残念ながら在庫がほとんど無く、何もお見せ出来ないままお帰りいただく事となってしまっています。
できればお越しの際はお電話またはメールで、在庫の有無・営業しているかどうかも含めご確認の上お越しただければと思います。


b0022655_15062154.jpg
オンラインストアも暫くアップ出来ませんでしたが、少しだけアップしましたので興味ありましたらご覧ください。



!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-05-11 15:19 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

窯修理

急いでる時に限ってトラブルが起こる。というか、急いでない時など無いのか。。。
先週末、窯詰めをしていたところ棚板を電熱線にぶつけてしまい線が折れた。
15年やっていて初めてのミス。

すぐに電熱線をバーナーで炙り結線し直したけど、通電させると修復部分がほんのり赤く光る。
これはしっかり結べていない時の症状。
やり直そうかと思ったけどドツボにはまるとかえってロスが増えると思い(大人になった)、
材料屋さんの陶人社に電話をし翌朝一番で来てもらいました。



さすがプロです。
ちゃっちゃっと溶接で修理してくれました。
頼りになりますね。



!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-04-24 13:33 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

現代の侘寂 橋本忍

b0022655_21201032.jpg
展覽資訊

現代の侘寂 "橋本忍" 台灣茶器 生活の器 作品展

維摩舍
▍日期:2018/04/14 (六) – 2018/05/09 (三)  4/14 (六)、4/15(日) 橋本忍先生在廊予定!
▍時間:週二、四、五 / 10:00-18:00  週三 / 13:00-18:00  週六、日 / 09:00-18:00  週一休館
▍電話:+886-4-24079960 +886-912-600135
▍電郵:ibsvima01@gmail.com
▍地址:維摩舍 / 台中市大里區永隆路153號
▍LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40nvj2820v
▍主辦單位:維摩舍
▍協辦單位:菩薩寺
▍作家在廊暨開幕茶會:
 2018/04/14 (六) 14:00-16:00 橋本忍先生在廊予定!
▍策展單位 : 林屋商店
▍時間:週三至週日 / 12:30-19:30  週一、週二休館
▍電話:+886-4-23755523
▍地址:台中市西區存中街48號
▍URL:https://www.facebook.com/LaVieNature
---------
橋本忍先生的作品概念是免去過多的装飾
重要的是在簡單的形體中、表現出質感跟情感。
充滿內涵跟洗練的感覺是追求的重點。
因此希望作品呈現出的線條是簡單的
所以近年致力於化妝土裂紋的表現
---------
作品圖片可能因拍攝關係與螢幕顯示設定,會與實際作品略有色差,網頁圖片僅供參考,規格及顏色請以實際現場為準。 作品如需預訂敬請來電或私訊。



来週より台湾での個展が始まります。
というのに、まだ制作していたりもしていますが。。。
何食わぬ顔して14日・15日は会場に居りますのでお近くの方は是非お越しください。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-04-04 21:35 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

棚板の補修

やっと雪も溶け、寒いですが外での作業もできるようになってきた札幌です。
先ずは冬の間に溜まっていた傷んだ棚板の補修です。
窯の中に組む棚板はカーボランダムというむちゃくちゃ熱に強くて堅い素材でできていますが、焼成で作品に掛けた釉薬が垂れてしまったりして棚板が直接傷むのを防ぐためにアルミナコーティングをしています。

作業としては傷んだ棚板のアルミナコーティングをグラインダーで全部剥がし綺麗にしてからアルミナコーティングを塗るという作業ですが、この剥がし作業が面倒です。アシスタントの千葉さんにやって貰いました、完全装備です(笑)
b0022655_19330269.jpg

この後、アルミナコーティングを刷毛で二度塗りして完成です。
これでしばらく気持ちよく焼けそうです。
b0022655_19554078.jpg

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-03-28 20:00 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

スカル完成

b0022655_22593016.jpeg

b0022655_22595012.jpeg

b0022655_23000888.jpeg

最近はiPhoneのポートレートモード多用で、一眼レフから手が離れがちです。
確定申告も終わり、長女の卒業式にも行き、ひと段落といきたいところですが来月の個展に向けもう一つ頑張りですね。
終わったらキャンプに行こう。

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-03-16 22:58 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

橋本忍 茶器・餐具・生活の器・作品展 in Taiwan

僕は年間のうちで今時期が一番厳しい。
概ね2月と4月には個展を入れている、これは年間のスケジュールを考えるとしようがない。
この時期は作品の乾燥も遅くなり、ペースが遅くなる。それに加えて3月には確定申告があり、雪がいっぱい降ると雪かきにおわれ、気持ちが追いつかなくなっちゃいます。
冷静に考えれば物理的な忙しさは年間通して変わらないのでけど、やっぱり気持ちを整理するのは大変です。

b0022655_10572365.jpg
さて、今年は4月14日から台湾にて個展です。
確定申告もぼちぼち進めながら(大丈夫か!?)焦らずに急ごうと言い聞かせているところです。

橋本忍 茶器・餐具・生活の器・作品展 in Taiwan

2018414日~511




!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-03-07 11:17 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

Skull

架空のスカルを作ってみた。
初めてにしてはなんとかカタチになったけど、まだまだ。。。

b0022655_01520883.jpeg


b0022655_01523041.jpeg


b0022655_01532557.jpeg


b0022655_01534917.jpeg

クオリティをあげる為にも定期手に作っていこう。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-02-24 01:54 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(2)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store6/15up
陶芸用エプロン5/26up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください











2018年スケジュール

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)











2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動











作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层













Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>Miaさん ありがと..
by tenstone at 11:51
作品、素晴らしい・・・、..
by Mia Ishiguro at 03:21
お返事をありがとうござい..
by ユックリッピ at 16:01
早速の返信ありがとうござ..
by ぶきっちょ at 19:13
>ぶきっちょさん はじ..
by tenstone at 15:14