カテゴリ:道具・TOOL( 81 )

熱電対はどこまで挿せばいい?

窯詰めをしている時に「あー熱電対邪魔!」って思うことがよくあります。
いわゆる「どこまで刺さっていれば温度を測れるのか」問題です。
b0022655_18561720.jpg
先日、陶人社 の柴田さんに詳しく教えてもらい、理解を深めるために熱電対を分解して見てみました。
結論は5cmほど入っていればOKとのこと。

熱電対は保護管の中に線が入っており、その先端部分がセンサー部となっているので、その先端部の置かれている位置の温度を計測しているということです。


詳しくは動画でご覧ください。




!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-11-21 19:12 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

陶芸用エプロン入荷

売り切れていました人気のストライプ柄が入荷しました。
今回は若干色味が変更されました。

このエプロンは細部にこだわり手作りの少量生産ですので、都度バージョンアップしたりカラーバリエーションを増やしたりと小回りが利くとともに生地調達が安定しないため継続的に同じものを提供できないこともあります。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-10-25 12:15 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

コテを作る

b0022655_10531595.jpg
よく使うコテが減ってきたので作り直しました。

コテは作品の形状にに合わせて作ります。
当然、自分で作ったコテは自分らしいラインやサイズに合致していますので他の作品作りに使ってもしっくりとくるんです。

しかし、コテを作る時にはそこら辺にある端材を使ったりしてるので木が柔らかく減りも早かったりしますので、こうして作り直すこととなります。
ちなみにこのコテは三代目。
今回は黒檀の板があったので少しは長持ちするかな。


作り方は単純。
古いコテを合わせて鉛筆でなぞります。
b0022655_11025055.jpg
線に合わせてひたすら削ります。
気持ち的なことですが電動工具を使わずに小刀とサンドペーパーでやっていきます。
b0022655_11051935.jpg
はじめは刃の部分をつけずに真っ直ぐに削って、後から刃の部分を削り出していきます。

b0022655_10541896.jpg

気にいったところまで削れば完成。
b0022655_11103188.jpg


最後に亜麻仁油を染み込ませて完成としました。
b0022655_11163217.jpg
b0022655_11170372.jpg


かかった時間は90分くらい。
ちょっと面倒ですが道具はなるべく自分で作ることをお勧めします。
作ることで完全に自分に合ったものが出来るし、作陶のモチベーションにもつながります。
ナイフとヤスリだけで出来ますので今まで自分のコテを作ったことがなければ、一度作ってみてはいかがでしょうか。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-05-31 11:27 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

陶芸用エプロン入荷しました

しばらく品切れしていました「陶芸用エプロン」が入荷しました。
今回は新デザインや復活デザインを含め6種類!
とはいえ手作りで作ってもらっているので各デザイン3〜5点の在庫となります。


新デザインの「ストライプ」は制作のmicaさんからのアイデア、僕には無いアイデアで女性らしいいい感じ。
b0022655_14450919.jpg
写真を見たときは女性っぽいかなと思いましたが男性が着ても全然アリです。
b0022655_14452364.jpg




陶芸用エプロン オンラインショップはこちら





!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-02-22 14:58 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

New! 陶芸用エプロンできました

b0022655_13383677.jpg
お待たせしていましたオリジナル陶芸用エプロンの新バージョンが出来ました。
今回は4カラーです。

機能面についても色々と見直して改良しました。
まず今まで通り、最大の特徴は股が割れているのでロクロ作業時に足を開くのがとても楽で、尚且つしっかりと足をカバーしてくれるのでズボンが汚れにくくなっています。
ちなみに階段の上り下りも楽です(笑)
b0022655_13385256.jpg
また、前のめりで作業している時に首紐の調整で余った部分が垂れ下がり、作品に触ってしまうのを防ぐために調整金具や紐の取り回しを工夫して、余った部分が内側に入るようにしました。
b0022655_13385720.jpg
アシスタントから「長時間着用していると首が疲れる」との意見を受けて、負担がかかりにくいよう首紐の素材と太さも変更してみました。

ご購入はこちら↓

b0022655_13564832.jpg


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2017-08-23 13:57 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

手道具

24日からスペインで行うワークショップでは急須の作り方や皹による装飾の方法などについて紹介してこようと思っています。そんなわけで急須作りに使っている道具を持参するために洗って並べてみました。
b0022655_21071093.jpg
多くみてこれくらいかな、コテは使わないかも。
青くて小ちゃいのはギターのピック。
陶芸を始めた頃はまだバンドもやっていて、いつもポケットにピックが入っていた。
それが何かと使い勝手良く、いまだに使い続けている。


先日、秋に札幌でやる展覧会の会議と撮影に行ってきた。
撮影のために各自手道具持参でということだったけど、道具を持った全身写真で映えるような道具もないので何も持たないで行きました。
「手がいちばんの道具です」的なことを言って持参した泥を手に塗り撮影しました(笑)

実際、考えてみると
色々なモノ作りの中で素材を直接手で加工している仕事ってあまりないんじゃないだろうか。
木工にしてもガラスにしても金属にしても、手仕事ではあるけど指では無い何かしらの道具を使って成形している。
あらためて「陶芸って、なんて原始的なんだろっ」て思いました。
手の温もりとかなんちゃらって言葉にすると安っぽい形容をされることが多いけど、、、よく考えてみると…その通りだ!おにぎりみたいだね(笑)




b0022655_10130458.jpg『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
2017.8/4 - 8/10 OPEN 11:00~18:00
会場:イル・ドーノ千歳
千歳市千歳市みどり台北5丁目1ー1

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif

by tenstone | 2017-07-21 21:33 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

縁カッター

板皿の縁をカットする時に便利な道具を紹介します。
そこらへんに転がってた適当な木材を非対称なT字にカットし、細めのステンレスワイヤーを取り付けるだけです。
b0022655_00132790.jpg
本当に転がってた木材なので汚いですね(笑)
非対称にしておくことで4種類の角度を使い分けれます。
ワイヤーを通すところはナイフで切れ込みを入れておきます。
b0022655_00134185.jpg
b0022655_00132219.jpg
ワイヤーにテンションをかけるために画鋲で抑える。
b0022655_00134729.jpg
ワイヤーがしっかり張っていないと切り口綺麗になりません。
しっかり張れたら好みの角度の面を使って切っていきます。
b0022655_00135349.jpg
b0022655_00131709.jpg
カット完了
b0022655_00133317.jpg
縁のカットが一定かつ早く、楽になりました。
木材はちょっと厚めの方がいいです(今回は2×4材)

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2017-06-28 00:29 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

石膏型取り用枠を作ってみた

b0022655_20091610.jpg
今までは上写真のように型取りブロックを使っていましたが、これでは対応できない大きい型をとるのに、簡単な枠組みシステムを作ってみました。
システムというには簡単すぎるのですが…木材にL字金具を付けるだけです。
b0022655_20100581.jpg


これをただ組む合わせるだけです。
b0022655_20120288.jpg


サイズも自由に調整できます。
b0022655_20120786.jpg



早速使ってみました。
あぶら粘土で隙間を埋めて、石膏を流し込みます。
b0022655_20121017.jpg
今まで大きい型をとるときは壁を粘土で作ったり、プラ板で作ったりしてましたが、これでやると用意は簡単だし、安定感もありとても良かったです。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2017-02-23 20:19 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

蓋削り用ホルダー

b0022655_2134554.jpg

桟蓋というのかな?
こういったタイプの蓋は逆さまに作って、おもて面を削り出します。
その時に縁を歪めてしまわないように石膏で作った削り用のホルダーを使っています。

↓成形時の蓋、逆さまに作ります。
b0022655_2117414.jpg



これがホルダー、僕の場合は器の内径が決まっているのでそれに合わせた穴が空いています。
というか、ホルダーとか言っていますが穴が空いている「何か」でいいのです。粘土でもOK
b0022655_21211669.jpg


蓋を穴にはめて削り開始。
b0022655_21263896.jpg


固定はしていないのでズレないように優しく且つ確実に抑えながら削ります。
b0022655_212861.jpg



削り終えた蓋は形状的にも持ちにくいので粘土でくっつけて持ち上げます。
b0022655_21324599.jpg


完成〜
b0022655_21354674.jpg



!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-12-27 21:37 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(3)

素焼き用皿立てを作ってみた

板皿を素焼きする時は重ねたり、揃えて立てかけたりすると切れやすいので、隙間を開けるように皿同士で支えあって立てています。
しかしこれが結構面倒で余計な時間や気持ちの消耗が勿体無いので皿立てを作ってみた。
窯に入る量は少し減るかもしれないけど超楽チン。
もっと作ろうかな。
b0022655_1442541.jpg





!→…ranking
b0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2016-10-24 14:49 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store11/12up
陶芸用エプロン10/25up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください



2018年スケジュール


 ▽▽▽ 終了しました ▽▽▽

■日本陶芸家橋本忍个展
9/22-9/25
精典書店 重庆市(中国)

『お茶をたのしむうつわ展』~台湾茶~
7月24日〜8月4日
@il dono千歳(北海道)

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)



2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動





作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层






Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索

タグ

最新のコメント

> あかねさん 土の状..
by tenstone at 12:10
先日は、ありがとうござい..
by あかね at 00:51
大変ありがたい記事で、目..
by くるくるみ at 06:42
わかりました、非常に残念..
by 小樽 at 03:46
わかりました、非常に残念..
by 小樽 at 03:46