カテゴリ:道具・TOOL( 88 )

小道具の紹介



b0022655_12154512.jpg
陶芸は古代からある、手だけで作ることができる、極めて原始的かつ創造的な行為ですが陶芸の進化とともに多種多様な道具が生み出されてきたのでしょう。

僕がいつも使っている陶芸小道具たち。
よく使うものから滅多に使わないものまで、いろんな道具をたくさん持っていますが今回は、先日ワークショップに持参した最小基本セットを紹介します。



!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2019-07-01 12:39 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

【動画】棚板のクリーニング

窯の棚板は使っているうちに釉薬が流れ付いたりして、だんだんと傷んできます。

部分補修をしながら使うのですが、凸凹が目立ってくると板皿などの焼成に適さなくなってくるので年に一度程度は表面に塗っているアルミナコーティングを全剥がしして再度塗り直します。

綺麗な棚板で焼くと気持がちいいです。





!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2019-05-21 00:10 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

簡単に取っ手を作るための道具を簡単に作ってみる

b0022655_11584721.jpg

陽平がYouTubeに超簡単!取手の作り方!という動画をアップしていたので、そこに便乗して僕も簡単に取っ手を作る方法を考えてみました。
まぁ、ちょっとは師匠の意地ということもあり(笑)僕は「簡単に取っ手を作るための道具を簡単に作ってみる」という被せ技をやってみました。
b0022655_11561151.jpg
ゼムクリップ(大きいもの)で、取手の断面状になっているかきベラのようなものを作る。という、それだけのことですが作ってみると普通に使えましたので粘土作業に疲れた時は、こんな工作で一息ついてみてはどうでしょうか。
制作時間も、形状が決まっていれば5〜10分程度、あれやこれや試してみても30分ほどの工作です。

とはいえ、この形に決める前にはいろいろ試してみました。
硬めのステンレス針金で形作り、柄に着けるやり方やもう少し小さいクリップを使ってみたりとやってみたのですが、
極力加工を少なく、ねじる箇所を作らず、シンプルにと考えた結果、デスクの上にあったゼムクリップ最強ということになりました。
b0022655_11425639.jpg


作り方、使い方は動画で紹介していますので是非ご覧ください。

ようへいの動画





!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2019-05-11 12:09 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

ついに完成!陶芸用前掛け

b0022655_14054744.jpg
以前、試作段階でも一度紹介した「陶芸用前掛け」
ついに完成、販売いたします。
今回も企画デザイン担当の僕と制作工房のみんながノリノリの自信作!

試作品をこの1ヶ月ほど毎日使用し、洗濯もして耐久性や使い勝手を検証し、仕様を変更しながら完成しました。
僕は今まで「カッコ悪いので」エプロンや前掛けなどは使わない派でいましたが、この1ヶ月くらい試着し続けたところいくつかのことが分かりました。

・全然カッコ悪くない(やっぱカッコよく作ればカッコいいんだと分かった)

・便利!ポケット3つあることや、前掛けで手を拭くとかマジ便利(エプロンしないので知らなかった)

・これしてるだけで腰周り暖かいんだ〜(ミニスカートでも防寒になるんだねw)

・仕事モードのON/OFFスイッチになる

こんな感じで完全に必須アイテムとなってしまいました。

素材は、ハードに使っても長くお使いいただけるよう帆布を使用しています
デザイン・制作には細部までこだわり男女共カッコ良く、便利に使えるよう一生懸命考えました。
b0022655_14055368.jpg



陶芸用前掛けの詳細・販売はこちらのwebショップよりご確認ください。


!→…ranking

b0022655_166360.gif
b0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif





by tenstone | 2019-04-22 14:36 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

剣先を作る

b0022655_18543686.jpg
市販の陶芸道具で針と剣先が対になっているものがあります。
この道具、どうも使い勝手が良くなくて僕は自作のものを使っています。

b0022655_18534748.jpg

上写真のように自作針は市販の針に比べてはるかに細くなり、ろくろで口元を切る時などストレスなくスムーズに切れます。

剣先は傘の骨を、針はマチ針を、それぞれを使って自作のものを作っていきます
今回は動画でその作り方を紹介してみましたのでご覧ください。




!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif



by tenstone | 2019-03-25 19:05 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

電動タタラ機

b0022655_15074575.jpg
2015年に購入した電動タタラ機。
中古で20万円ほどだったと思いますが、今では無くてはならない必須アイテムです。
それ以前には手動のタタラ機を使っていたのですが、使い比べてみるとタタラの質が全然違い、今までのは何だったんだ?と思えるほどでした。
手動のタタラ機もそれなりの値段がするので、もし「よく締まった質のいいタタラ」を作りたいのであれば電動タタラ機がお勧めです。
ただ単に粘土を伸ばす作業負担の軽減でしたら手動でもいいかもしれません。
今回はそんな電動タタラ機について話してみました。





!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2019-02-27 15:21 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

道具は自作がいい

陶芸は基本的に手があればできる極めてプリミティブな作業ですが、便利な道具があれば作業は捗りクオリティーも向上します。
専門の道具もたくさん売ってはいるのですが、必ずしも性能の良いものではありません。
そもそもダメなものもあれば、自分の作業には足りないものもあります。
やはり自分用にアレンジしたり作ったものがいいです。

今回はパスの作り方について紹介しました。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-12-26 12:40 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

熱電対はどこまで挿せばいい?

窯詰めをしている時に「あー熱電対邪魔!」って思うことがよくあります。
いわゆる「どこまで刺さっていれば温度を測れるのか」問題です。
b0022655_18561720.jpg
先日、陶人社 の柴田さんに詳しく教えてもらい、理解を深めるために熱電対を分解して見てみました。
結論は5cmほど入っていればOKとのこと。

熱電対は保護管の中に線が入っており、その先端部分がセンサー部となっているので、その先端部の置かれている位置の温度を計測しているということです。


詳しくは動画でご覧ください。




!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-11-21 19:12 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

陶芸用エプロン入荷

売り切れていました人気のストライプ柄が入荷しました。
今回は若干色味が変更されました。

このエプロンは細部にこだわり手作りの少量生産ですので、都度バージョンアップしたりカラーバリエーションを増やしたりと小回りが利くとともに生地調達が安定しないため継続的に同じものを提供できないこともあります。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-10-25 12:15 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)

コテを作る

b0022655_10531595.jpg
よく使うコテが減ってきたので作り直しました。

コテは作品の形状にに合わせて作ります。
当然、自分で作ったコテは自分らしいラインやサイズに合致していますので他の作品作りに使ってもしっくりとくるんです。

しかし、コテを作る時にはそこら辺にある端材を使ったりしてるので木が柔らかく減りも早かったりしますので、こうして作り直すこととなります。
ちなみにこのコテは三代目。
今回は黒檀の板があったので少しは長持ちするかな。


作り方は単純。
古いコテを合わせて鉛筆でなぞります。
b0022655_11025055.jpg
線に合わせてひたすら削ります。
気持ち的なことですが電動工具を使わずに小刀とサンドペーパーでやっていきます。
b0022655_11051935.jpg
はじめは刃の部分をつけずに真っ直ぐに削って、後から刃の部分を削り出していきます。

b0022655_10541896.jpg

気にいったところまで削れば完成。
b0022655_11103188.jpg


最後に亜麻仁油を染み込ませて完成としました。
b0022655_11163217.jpg
b0022655_11170372.jpg


かかった時間は90分くらい。
ちょっと面倒ですが道具はなるべく自分で作ることをお勧めします。
作ることで完全に自分に合ったものが出来るし、作陶のモチベーションにもつながります。
ナイフとヤスリだけで出来ますので今まで自分のコテを作ったことがなければ、一度作ってみてはいかがでしょうか。


!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-05-31 11:27 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(0)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/19up
陶芸用エプロン6/28up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 11:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください


2019年スケジュール

■Shinobu Hashimoto Exhibition
6月20日〜7月7日
@Gallery Eclectic(London)

■「お茶をたのしむうつわ展」
  ~台湾茶~
7月5日〜13日
@il dono 札幌店(札幌)

■個展
10月
@時食商行(台湾

 ▽▽▽ 終了しました ▽▽▽

橋本忍展
2月14日〜19日
@うつわ謙心(東京)



2018年の活動
2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動


作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层




Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>柴田さん 陶人社のユ..
by tenstone at 01:31
リベット打ちしてる! ..
by toujinsha at 18:23
>Kさん 僕も昔、そん..
by tenstone at 17:56
私は胸当て付き愛用させて..
by K at 09:10
> HyperDog さ..
by tenstone at 13:58