<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

うつわディクショナリー

b0022655_19535762.jpg
先日発売された書籍「うつわディクショナリー」
僕も含めた24人の作家のインタビューと作品が掲載されております。

<インタビューと作品>
安部太一
阿部春弥
伊藤聡信
稲村真耶
大江憲一
蠣﨑マコト
河上智美
佐藤もも子
高島大樹
竹村良訓
田坂香代子
寺村光輔
富井貴志
中野知昭
新見麻紗子
二階堂明弘
橋本忍
原田譲
福岡彩子
松本かおる
三浦ナオコ
八木麻子
吉田直嗣
余宮隆



!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-06-20 20:16 | メディア・掲載 | Trackback | Comments(0)

オンラインストア

オンラインストアに数点だけですがアップしました。
b0022655_23064517.jpg



!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-06-16 23:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

【陶芸のヒント】掛け分けるポイントで印象を操作する

b0022655_15343556.jpg
陶芸で作品を作るということは一から十までを自分の意思に沿って形にしていくということですが、気にせずに「なんとなく」処理してしまっている部分もたくさんあります。
こういった「なんとなく」の部分を見つけ出し、少しずつ減らしていくことがクオリティの向上になると思います。

今回は掛け分けの際にどのポイントで分けるか、それによって印象がどのように変わるのかという事を実験してみました。
動画では分かりずらいかもしれませんが、実際の印象は全然違ってきますので作陶の際には是非一考していただければと思います。



by tenstone | 2018-06-14 15:48 | 技法・technique | Trackback | Comments(0)

窯の中

「陶芸をやっているんです。」って話になったとき「山の中で?」って思われる方はいまだに多く、
「工房は市内で普通の建物なんですよ。」と話すと、イメージする陶芸家像との違いにびっくりされることが多いようです。
陶芸に接した事のない人にとっての陶芸家とは
 「山の中にある窯に薪を焚いて、
  縛った長い髪にタオルを巻き、
  作務衣を着て、
  気に入らない作品を「違う!」という掛け声とともに叩き割る」
こんなイメージのようです。
そんな人もいると思います、、、多分。
でも僕の知っている陶芸家の多くは市街地で普通の格好をして何も言わずに作品を廃棄してると思いますよ。

やりとりの中で、「市街地でやっている」となると「窯は?」という疑問を持たれます。
こういった会話は数え切れないくらいしてきているので受け答えはすっかりパターン化してしまっているのですが、だいたい僕が答えているのはこう、
「電気の窯なんですよ、簡単に言うと大きなオーブントースターみたいなものです。」


ということで焼成中の窯の中を撮ってみました。
b0022655_23320097.jpg
オーブントースターっぽいかな?
焼成中と言っても400℃ほどなのでまだ焚き始めのほうです。
一瞬だけ扉を開けて写真を撮りましたがこの後は熱くて扉を開けたくありません。
ここからは、10時間ほどかけて最高温度の1250℃までいった後、24時間ほどかけてゆっくりと温度を下げていきます。
僕の使っている電気窯はこんな感じ、 
これだと(ほとんど)煙も出ないので市街地でも陶芸が出来るのです。



下段の電熱線が暗いのが気になりますね。(写真では真っ黒ですが実際には弱めに発光していました)
今度、ちゃんと確認してみることにします。

!→…rankingb0022655_166360.gifb0022655_1663534.gifb0022655_1665319.gifb0022655_1671418.gifb0022655_167276.gifb0022655_1673932.gif
by tenstone | 2018-06-07 00:22 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store6/15up
陶芸用エプロン5/26up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください











2018年スケジュール

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)











2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動











作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层













Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

検索

タグ

最新のコメント

>Miaさん ありがと..
by tenstone at 11:51
作品、素晴らしい・・・、..
by Mia Ishiguro at 03:21
お返事をありがとうござい..
by ユックリッピ at 16:01
早速の返信ありがとうござ..
by ぶきっちょ at 19:13
>ぶきっちょさん はじ..
by tenstone at 15:14