[#594]研ぎだし


b0022655_20361893.jpg

皹化粧の器は焼き上がった後にもう一つ行程が残っています。

初期の皹化粧は薄くかける釉薬の調合で質感を保つように試みていましたが、どうしても求める質感に近づけるのが難しく試行錯誤を繰り返していました。
そんな中、
茶碗を作った時に茶道の所作のなかでどうしてもこの質感が邪魔をしてしまう場面に出くわしてしまいました。
このままでは茶碗として納めるには心苦しいです。
そこで考えたのが、焼き上がった陶器をさらに研磨するという事でした。
やり方は簡単。砥石やサンドペーパーでひたすら研磨します。
これをすると、焼き締めのようにザラついた皹化粧の表面はとても気持ちのいい質感になり触っていてもストレスがありません。
かなりの時間と体力を消耗しますが、もう戻れません。だって絶対こっちの方がいいんだもん!
というわけで、今日もごしごしやっています(^^
b0022655_20363596.jpg

サンドブラスト(研磨用の機械)を試しに導入してみたいなって思っています。


では今日も応援お願いします!→…ranking
# by tenstone | 2009-10-26 20:54 | 技法・technique | Trackback | Comments(4)

[#593]棚板を焼く

b0022655_1736412.jpg板皿ばかり焼いていると…

作品を焼いているんだか、棚板を焼いているんだか。。。

棚板が足りなくなってしまい、急遽棚板を5枚発注した。
それでも、
窯詰めしてたら…ちょっと足りなかった。
消耗品なんだからケチらずに多めに注文しておけばよかったです(^^;


便利なもんで、北海道にいてもネットで注文して中二日で配達されます。
はじめてここで買ってみました→大幸セラミック
なぜか、おまけで中古の支柱を3つ付けてくれました、ありがとうございます。

…ranking
# by tenstone | 2009-10-25 17:51 | 陶芸コラム・column | Trackback | Comments(0)

[#592]いいんじゃない!

前記事に書いた「ケイカル板」使ってみました。

いつものようにロクロを引いてケイカル板の上にどんどん置いていく。
明日削ろうと
いつものようにサラッとビニールをかけて帰宅。
今朝、スタジオに来て作品をみて見ると「あれ!?削んなきゃ!」
乾いています、それもいい具合に。
いつもだと上が乾いても高台のあたりはべちゃべちゃだったりするんですが、割と均一に乾いちゃっています♪
持った時に、底が乾いているのでなんかストレスがない感じ。

これスゴくいいかも!
もしかしてこれって僕が知らなかっただけで常識なのかな?
昨日、今日と使ってみた限りではこれを使わない理由は出てこない!ってくらい快適なんですけど!(僕の仕事の流れではね)
というか、木の板を使っている理由も出てこない。(←スイマセン大げさです)
とくに板皿の乾燥には絶対使った方が良さそう。
b0022655_21495191.jpg

カメ板もこれで作ろうかな。

ケイカル板使っている方ご意見お聞かせ下さい〜

…ranking
# by tenstone | 2009-10-24 21:52 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(7)

[#591]ケイカル板

札幌は紅葉も終わりに向かい、日中の気温も上がらず制作には辛い季節がやってきました。
b0022655_155425.jpg

この時期から作品の乾燥スピードが一気に遅くなり完成までの時間も長くなってしまいます。
そこで以前からちょっと気になっていた「ケイカル板」、正式名称「珪酸カルシウム板」を買ってきました。
石膏ボードの軽い物と考えていいのでしょうか。
ロクロ引きした作品や板皿なんかも、これの上に置いてゆけば木の板より少しは水を吸ってくれるかな?と。
b0022655_1555381.jpg

1820×910のサイズで売っていますので使いやすいサイズにカットします。
はじめに電動ノコギリで切ったのですが、粉塵がスゴいので手ノコで切り始めました。
もしかして!?と思いカッターで切ってみると、簡単に切れました。

さて効果の方は?
これから使ってみてまた報告しますね。

それと石膏板
b0022655_15623.jpg
先月の名古屋の個展の時に数少ない陶芸仲間(といっても大先輩)の金成じゅんこさんと鈴木史子さんに一押しされた石膏板(っていうのかな?)
一個引きの時、ロクロにすえた石膏板の上で引くそう。
鈴木さんが送ってくれました。ありがとう!
これがスゴくいいらしいので、そのうち石膏でいっぱい作ってみようと思います。


これで溜まっている仕事がどんどん進めばいいなぁ。。。

ケイカル板その後

!→…ranking
# by tenstone | 2009-10-22 15:22 | 道具・TOOL | Trackback | Comments(2)

[#590]壁

8月にやっていたこの仕事。
完成の写真が送られてきました。

b0022655_1422910.jpg
ほぼパース通りの出来ですね


b0022655_1424294.jpg
この花入れ

えびす庵というお店です。

時間作って行ってみないと…と思いつつ。(忙



!→…ranking

.....................................................................
札幌三越さん、
うつわ謙心さん、
かおんさん
にポットやカップなど納品しました。おまたせしました〜
# by tenstone | 2009-10-08 14:10 | 作品・works | Trackback | Comments(2)


札幌の陶工房&器ギャラリー【STUDIO TENSTONE】橋本忍の作品紹介や陶芸のお話。下のマイクマークからインタビュー記事へ


by tenstone

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
お知らせ
陶芸コラム・column
作品・works
技法・technique
道具・TOOL
展示・exhibition
メディア・掲載
私事
趣味的な話
プロフィール
未分類

お問い合わせ
ホームページ
Online Store4/20up
陶芸用エプロン2/21up

STUDIO TENSTONE
北海道札幌市白石区平和通9丁目北10-16
電話011-866-5067
OPEN 10:00~18:00 日祝休

※個展などで留守にしている事もありますので、お越しの際はご一報ください






2018年スケジュール

橋本忍展
2月8日〜13日
@うつわ謙心(東京)

橋本忍展
4月13日〜5月12日
@林屋商店(台中)






2017年の活動
2016年の活動
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動






作品取扱店
■Galerie h(Geneva)
■il dono千歳(北海道)
■人禾生活有限公司(台湾)
■物.品 Wu-pin(北京) 
■gallery Eclectic (London)
■ivory (webshop)
■うつわ謙心 (東京)
■WAGOKORO (webshop)
■OEN (webshop)
■はしもと陶芸館 (北海道)
■Maud and Mabel(London)
■待入荷(北京)
朝阳区新源南路16号世方豪庭一层








Shinobu Hashimoto


Twitterボタン

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

タグ

最新のコメント

本物っぽいですね(^_-..
by sakuramoon7767ryo at 12:36
>てるとさん うわぁ、..
by tenstone at 21:37
冬道はアイスバーンならス..
by てると at 05:20
> sakura-kam..
by tenstone at 10:53
窯の大きさについて、納得..
by sakura-kama at 18:23